放送作家の苦労、大変なこと

見えない努力が必要

どの職業も大変な事はつきものです。放送作家も同様で、特にデビューしたての頃は、通らない企画書を書き続ける日々が続くでしょう。

その日々をどう過ごすかで放送作家としての資質が変わってくると言っても過言ではありません。

たとえば、毎日100個の企画を絞り出すという訓練も必要です。さまざまな分野に好奇心を持ち続けることも求められます。

「放送作家になりたい」と思っている人ならば、企画を考えるのが好きで、好奇心旺盛だと思います。しかしながら、プロの放送作家になるには仕事として考えたり、好奇心を持たなければなりません。

つまり、自分が今までやったことがないほどに考えて、興味のない分野にまでアンテナを張らなければいけないということです。

テレビやラジオというメディアの世界は、非常に華やかです。その裏では尋常ではない努力が隠れているということをしっかり認識しておいた方がよいでしょう。

人間関係を築くこと

放送作家は、基本的に番組の台本を書くのが仕事です。それはパソコンに向かっての一人作業ですが、それ以外の仕事、たとえば、企画会議などは大勢のスタッフや出演者が集まる中で行われます。

ですから、スタッフとのコミュニケーション力や、ディレクターの考えを読解する能力が求められます。

どれだけおもしろい企画を考える発想力があったとしても、基本的な人間関係を築き上げる能力がなければ、仕事がいただけないでしょう。

大勢のスタッフの中で、信用を得ながら働いていくことは簡単ではありません。

チームワークを大切にしなければならないことを覚えておきましょう。

身体を酷使する仕事

そして、一番大変なのは体力の問題です。文筆がメインになる放送作家ですが、その文筆までにはさまざまな過程を経ます。

資料読み・ロケハン・会議・収録・生放送・ロケなどをこなしながら、台本を書かなければなりません。その合間に、新企画の提案書作りなどの作業もあります。

つまり、多忙を極める仕事なのです。そんな中で体力を維持するのは非常に大変です。睡眠時間もあまり取れないこともあります。

身体を酷使する職業だということも気に留めておきましょう。