放送作家の事務所

さまざまな放送作家

放送作家になるためには、現職の放送作家に弟子入りしたり、スクールに通った後、実力を認められお呼びが掛かるなど、一般的な就職活動を経ないことが多いです。

また、ラジオ番組の場合はADと兼務する形で台本を書いたり、ハガキ職人としてネタ投稿をするリスナーから放送作家になることもあります。

このように放送作家のデビュー法がさまざまなため、例外もありますが、たいていの作家はプロデビュー後、放送作家の事務所に所属したり、フリーで活動しています。

また、芸人やタレント業を併行する方もいらっしゃいます。

事務所への入り方

放送作家が所属している事務所には、株式会社ブルーマウンテン・吉田正樹事務所などがあります。

このような事務所では、作家志望者から送られてきた企画書や履歴書で書類審査を行い、その後、面接が行われています。

もちろん、事務所によってそのプロセスはさまざまですが、面談などを経て、放送作家になれるのはかなり難しいです。

多くの事務所では、放送作家スクールを開催し、そこから採用をしています。スクールにて優秀と認められた人材は、その後事務所に所属することができるのです。

大きな事務所でも安泰ではない

事務所に入っていたとしても、フリーで活動したとしても、放送作家としては何ら変わりありません。活躍されている方々は、いつでも企画を考えてらっしゃいます。

テレビ局や制作会社への企画書を自発的に出し、新しい仕事を獲得するために邁進しているのです。

永遠に続く番組というのは存在しません。ですから、どれだけ大きな事務所に入っても終身雇用はまったく保証されていないのです。

事務所の例

また放送作家が所属するテレビ番組制作会社もあります。オフィスぼくらや株式会社イエローなどの制作会社です。

共に番組制作をするディレクターやプロデューサーが同じ会社にいることで、ディレクターはどんな番組を作ろうと思っているのかを理解しやすい状況であると言えるでしょう。

とはいえ、ディレクターやADと違い、放送作家はたくさんの番組を担当するのが通例です。

情報番組・バラエティ・音楽番組など、さまざまなジャンルの番組の企画を考えて、通していかなければなりません。

それぞれのディレクターがどんな番組を作りたいのかを把握し、そのためにはどんな構成で、どんな企画をすればいいのかを的確にアドバイスすることは容易ではありません。