放送作家になるための学校・スクール

放送作家のスクール

放送作家になるためにはさまざまな方法があります。

放送作家に弟子入りしたり、ラジオ番組へネタを送るハガキ職人からパーソナリティに認められ放送作家になる人もいます。そして、スクールに通い、放送作家になるという方法もあるのです。

しかしながら、資格系の専門学校やスクールのように、勉強して資格をとったら放送作家になれるというわけではありません。

放送作家には資格は要りません。必要なのは、才能なのです。その才能を少しでも身につけたり、それ以前の台本の書き方などを学ぶためにスクールに通うのも良いでしょう。

スクールの講座の内容

講座の内容はスクールによってさまざまですが、毎回の講座で自身が考えて来た企画を提出し、現役の放送作家や講師がその企画にダメ出しをしていくという内容が一般的です。

バラエティ番組の企画からドラマの脚本、コントの台本までさまざまなカリキュラムがあります。

スクールによっても特徴がありますので、自分が何を学びたいかをもとに、どのスクールがよいのかを調べてみると良いでしょう。

先人の話を聞けるというメリット

スクールに通うメリットとして挙げられるのは、現役の放送作家や講師に直接質問や意見を投げかけることができるという点です。

バラエティであれ、ドラマであれ、企画を考える上では「過去にどんな番組があったのか?」を知る必要があります。

単に番組を知るだけではなく、その時代時代の背景や人々の考えなども勉強し、企画を考えなければなりません。

講師の皆さんは、その時代を経験している人ばかりです。ですから、その時の空気感や番組制作の雰囲気などを彼らから聞き出すこともできるのです。

テレビであれ、ラジオであれ、どんな番組でもその時代を反映しています。自分とは違うジェネレーションの人々で、しかも、放送作家について詳しい方々と出会えるのは非常に貴重な経験なのです。

考え続ける力

先ほど紹介しましたが、スクールでは新企画の提案をすることが多いです。そして、講師に多いにダメだしをされることでしょう。

新企画を出しても出しても、なかなか認められず、「自分は向いていないんじゃないか」と思うことも出てくるはずです。

そんな時でも決して滅入ることなく、企画を考え続けるという力を身につけるのもスクールでの良い経験となるはずです。

とある放送作家の方は、毎週100個の企画を提出していたと言います。それだけ考え続ける力を養うことが重要なのです。