法務教官の仕事内容、役割

法務教官の役割

法務教官は心理系の国家公務員の1つで、非行に走った少年たちを再び社会復帰できるようにサポートするのが主な仕事です。

出所した少年が再び罪を犯すケースもあることから、法務教官がしっかりと少年らを教育・指導していくことが、ひいては社会全体の安定へとつながるため、その役割はたいへん重要なものです。

また、近年は少年犯罪の多様化・凶悪化が社会問題となっており、これらの問題の対策の1つとして、少年らをしっかり更生させることの重要性も認識されてきているところです。

少年院での仕事

罪を犯した少年が家庭裁判所で保護処分の審判を受けると、少年院へ送致されます。少年院では、送致された少年たちが共同生活をしながら、必要な教育や訓練を受けることとなります。

ここで少年たちへ教育・指導を行うのが、法務教官の主な仕事です。

教育・指導といっても内容はさまざまで、資格取得のための訓練や体育などの授業を行うこともありますし、一般の教員の業務のように、採点や成績経過の作成などの業務を行うこともあります。

少年鑑別所での仕事

少年が罪を犯すと、家庭裁判所で審判を受けることになりますが、その前に観護措置となった少年を収容するのが少年鑑別所です。

少年鑑別所は、一定期間にわたって少年を少収容し、規律正しい生活を送らせる中で、少年の資質を見極める場所です。

少年鑑別所に勤務する法務教官は、法務技官と協力し、少年の人間性や性格をくみ取りながら更生の可能性の有無を判断し、少年審判等に供する資料を作成します。