法務教官の仕事内容、役割

法務教官の役割 法務教官は心理系の国家公務員の1つで、非行に走った少年たちを再び社会復帰できるようにサポートするのが主な仕事です。 出所した少年が再び罪を犯すケースもあることから、法務教官がしっかりと少年らを教育・指導し … 続きを読む

法務教官の1日

少年院の法務教官の1日(日勤の場合) 少年院の場合、通常勤務と夜勤(宿直勤務)の場合があります。まず、通常勤務の場合は朝8時頃に出社します。少年院に隣接した宿舎から出勤する場合もありますし、自分で家を借りて住む場合もあり … 続きを読む

法務教官の現状と将来性

重要度を増す法務教官の役割 犯罪は年々低年齢化してきている一方で、犯罪の具体的な内容も多様化してきているといわれています。 少年院や少年鑑別所に収容されている少年たちが犯した非行もさまざまで、万引きをしたり、暴走族と一緒 … 続きを読む

法務教官のやりがい

少年の心を溶かし、信頼関係を築く 法務教官は、犯罪を犯した少年を再び社会復帰できるようにサポートする仕事です。なぜ犯罪を犯してしまったか、その理由や背景は個々の少年によりさまざまです。 家庭環境に恵まれなかった少年もいる … 続きを読む

法務教官の苦労、大変なこと

少年たちに寄り添うことの大変さ 法務教官は、少年院に配属された場合、あるいは少年鑑別所に配属された場合双方に言えることですが、非行少年と正面から向き合うことが求められる仕事です。 一度は非行に走ったことのある少年ですから … 続きを読む