法務教官の苦労、大変なこと

少年たちに寄り添うことの大変さ

法務教官は、少年院に配属された場合、あるいは少年鑑別所に配属された場合双方に言えることですが、非行少年と正面から向き合うことが求められる仕事です。

一度は非行に走ったことのある少年ですから、穏やかな少年ばかりとは限りません。中には粗暴な性格の少年もいますし、家庭環境に問題がある少年、かたくなに心を閉ざしたままの少年もいます。

個々の少年ごとに非行の原因はさまざまであり、それを突きとめて共に成長していくのはたいへん難しいことです。

よかれと思ってしたことでも少年の心に響かなかったり、ふとした時に裏切られたと感じることもままあるようです。こういった点で、法務教官の仕事は精神的な苦労が伴うものといえます。

少年同士のトラブルの仲裁

非行少年が集団生活をしていく上では、何かとトラブルがつきものです。なかなか精神的に成熟できない者同士のいざこざは、大きなけんかに発展してしまう場合もあり、時には法務教官が身を呈して仲裁に入る必要もあります。

こういった場面でも、少年たちに対しては毅然とした態度で厳しく指導しなければなりませんし、法務教官自身が怪我をするリスクもゼロではありません。

宿直などの勤務時間が長い

少年院に配属された場合は交代制で宿直の業務もありますので、生活リズムが不規則になりがちです。

仮眠をとることもできますが、夜間に何かトラブルが起こった時はすぐに対処しなければなりませんので、一定程度の緊張感を保ったままの勤務となります。

宿直明けから通常勤務に入る場合もゼロではありませんので、その場合の拘束時間は非常に長くなります。こういった点でも、法務教官の仕事は体力的にも大変な仕事であるといえるでしょう。