矯正心理専門職(法務技官)とは

矯正心理専門職(法務技官)とは

矯正心理専門職は法務省採用の国家公務員の一種で、法務技官(心理)として少年鑑別所や刑事施設などへ配属されます。

罪を犯してしまった受刑者や、非行のあった少年らに対してじっくりと向き合うことで、なぜ犯罪に走ってしまったのか、その背景や原因を分析し、更生へと導くプログラムを提案するなど、受刑者や非行少年の社会復帰を心理学のエキスパートとして支える重要な職業です。

矯正心理専門職(法務技官)の仕事

少年鑑別所へ配属された場合は、家庭裁判所から送致されてきた少年らの資質を見極めるのが主な仕事になります。

更生の余地があるのか、少年がどのような性格なのかといった資質鑑別は、今後の少年審判等の判断において重要な考慮要素となりますので、心理の専門職として面接を通じて少年らの資質を見抜くことがとても重要です。

また、それぞれの資質に応じた適切な更生プランを提案することも重要な役割といえます。法務教官との連携が必要になりますので、カンファレンスでの情報交換も大事な仕事です。

また、刑事施設へ配属された場合には、収容されている受刑者の資質を調査したり、刑事施設の改善点を提案したりするほか、受刑者の心理的なケアに当たるなど、職務内容は多岐にわたります。

矯正心理専門職(法務技官)になるには

矯正心理専門職になるには、法務省専門職員(人間科学)採用試験に合格する必要があります。原則として、受験する年の4月1日現在で、21歳以上30歳未満の者であれば、誰でも受験することができます。

1次試験では、基礎能力試験(多肢選択式)、専門試験(多肢選択式・記述式)が出題されます。2次試験では、人物試験として面接が実施されます。その他、身体検査と視力測定もあります。

これらの試験すべてを突破した者が、晴れて矯正心理専門職に任命されることとなるのです。

法務省 法務省専門職員(人間科学)採用試験

矯正心理専門職(法務技官)に向いている人

少年鑑別所へ配属された場合は、非行少年と正面からぶつかり合うことが必要となります。

少年らの生い立ちや、非行に走った原因をくみ取ることで、最適な社会復帰プログラムを提案するなどの働きかけができるのですが、さまざまな問題を抱えた少年たちと向き合うのはたいへんなことです。

忍耐強く話を聞くことのできる人が求められていると言えるでしょう。もちろん、少年たちを大きな愛情で見守ることも大事なポイントです。

刑事施設へ配属された場合であっても、受刑者と直接対面して話をじっくり聞くという点では少年鑑別所と同じです。更生というゴールへと導く上で、相手に対して尊敬の念を持って接することのできる資質が求められていると言えるでしょう。

矯正心理専門職(法務技官)の労働時間・待遇

週休2日制で、1日7時間45分の労働時間です。給与は法律により定められており、公安職俸給表(二)に基づき支払われます。公安職であることから、他の公務員に比べて1割程度高い水準となっています。