法務の仕事、業務内容

事業の展開や取引をサポート 企業が事業を展開する上では、この国のルールともいえる法律を守ることが大切です。 特定の分野の事業を立ち上げる際には公的な機関への届け出や許可が必要になりますし、取引先と契約をする際には「売買契 … 続きを読む

法務の1日

事務仕事がメインに 法務は、社内で行う事務仕事がメインになります。 法律関係の書類をチェックしたり打ち合わせで使う資料を作ったりすることが多く、机に向かう業務が多いのが特徴です。 また、営業担当者やお客様相談室と連携しな … 続きを読む

法務のやりがい、魅力

縁の下の力持ち 法務というのは、新商品を生み出したり斬新な広告を創りだしたりすることで世間の注目を浴びることができる仕事ではありませんし、営業マンのように数字で成果を確かめることができる仕事でもありません。 毎日たくさん … 続きを読む

法務のつらいこと、大変なこと、苦労

厳しいプレッシャーの中で 法務の仕事は、常に責任重大です。 取引先との契約書の作成や商品をめぐってトラブルが起きている消費者への対応など、企業にとって非常に重要な業務に関わっています。 契約書の文言ひとつで将来的に利益が … 続きを読む

法務の現状と将来性

景気に左右されない強み 法務の仕事内容は専門性が高いため、法律に関する知識がまったくないような未経験者では現場での即戦力になりにくいという実情があります。 このため、法務で働いていた人は転職や再就職がしやすいといわれてい … 続きを読む

法務の社内での位置づけ、役割

専門性の高い部署 法務のスタッフとして働いている人の多くが、民間の企業や公的機関などの組織の中で働いています。 組織によっては入社試験の際から法務部や法務課に所属するスタッフを分けて採用していることもあり、法学部で学んで … 続きを読む

法務の種類

組織による部署の違い 法務部門で働くスタッフがどのような部署に所属しているのかは、組織によってさまざまです。 日本の大手企業や外資系の企業では、企業の経営のリスクを減らすという意味でも法務の仕事を重要視していることが多く … 続きを読む

法務のキャリアパス

リーダーやマネージャーに昇進 法務で働く人のキャリアパスとしては、同じ部署で専門性を高めてステップアップしていくというのが一般的です。 総合職の事務系の他の職種である「企画部」「営業部」「広報部」「人事部」などは人事異動 … 続きを読む

仕事体験談