法務の種類

組織による部署の違い

法務部門で働くスタッフがどのような部署に所属しているのかは、組織によってさまざまです。

日本の大手企業や外資系の企業では、企業の経営のリスクを減らすという意味でも法務の仕事を重要視していることが多く、本社に「法務本部」や「法務部」を設置して専門性の高いチームを編成していることが珍しくありません。

その一方で、中小企業や地方の支社では「法務課」という比較的規模の小さい課となっていることもあり、さらに小規模な企業では総合職のスタッフが業務の一環として担当していたり、社長自ら担当していたりすることもあるようです。

近年では企業の不祥事やコンプライアンス違反が大きな問題として注目を集めていることもあり、法務の充実に力を入れている組織は多い傾向です。

法務の仕事をしたい人にとってはチャンスが広がっています。

仕事の種類の違い

法務部の人材が充実している組織では、仕事の種類によってチーム分けをして業務を担当しています。

たとえば「契約法務」を担当するチームでは、取引先や消費者との間で交わす契約書の文言のチェックやリスク回避のための内容確認を行っています。

「商事法務」は株主総会に関連する事務手続きを行い、「訴訟法務」は取引先や消費者との間で発生したクレームや訴訟などのトラブルに法的に対応するのが仕事です。

この他にも、企業が将来的に法的な問題を抱えることがないようにコンプライアンス(法令遵守)の体制を整えたりすることを仕事とする「予防法務」と呼ばれる分野もあります。

このような仕事の種類ごとに担当者を決めており、それぞれの分野のスペシャリストを育成しているところもあります。

企業の規模や事業内容や経営状況によって、どの種類の法務に力を入れているかにも大きな差がありますが、それぞれの分野においてトラブルを防ぐことは企業が円滑な経営をする上で必要不可欠なのは間違いないでしょう。 

仕事体験談