法務の勤務時間・休日・残業

法務の勤務時間

法務の仕事をしている人は、民間企業の社員や公的な機関、団体職員などさまざまな立場で働いています。

組織によって仕事内容は異なりますが、おおよその一日のスケジュールはこのようになります。

8:00

出勤

8:30

朝礼や社内ミーティング、メールのチェックをする

9:00

営業担当者から取引先との契約について相談を受ける

12:00

昼食休憩

13:00

法的な側面から契約内容のリスクをチェックする

15:00

契約書の文言について社内で協議する

18:00

仕事終了、退勤

繁忙期には深夜残業も

スケジュールとしては、一般的には朝8:30頃から夕方18:00頃までの勤務となることが多いようです。

ただし、仕事が集中する時期には非常に忙しくなり、残業をすることも珍しくありません。

たとえば、法務の重要な任務のひとつとして「契約書の作成やチェック」というのがあります。

これは、営業担当者が取引先やお客様との間で交わす契約のなかに経営に損失が出るようなリスクや法令違反になるような事柄が含まれていないかを法的側面から確認するもので、この過程で見落としがあると後々大きなトラブルに発展することがあります。

契約を取り交わす期日については事前に決められていることが多いので、期日までに契約内容が整うように急いで作業を進めなければいけません。

大型の契約が入るときや、複数の案件が重なるときには、深夜残業が続き非常に忙しくなることもあるのです。

休日は土日祝日に集中

法務で働くスタッフの休日は、土日や祝日に取得できることが多いようです。

サービス業のように世間の人や休みをとっているときに接客や営業をする必要がないので、暦に合わせて休日を取りやすいという事情があります。

ゴールデンウィークやお盆休み、正月などの長期休暇も、特別な仕事が入っていない限りは取得することができるでしょう。

仕事体験談