法務の1日

事務仕事がメインに

法務は、社内で行う事務仕事がメインになります。

法律関係の書類をチェックしたり打ち合わせで使う資料を作ったりすることが多く、机に向かう業務が多いのが特徴です。

また、営業担当者やお客様相談室と連携しながら仕事を進めるため、打ち合わせや会議のスケジュールは流動的になります。

ここでは、一般的な法務のスタッフのある1日の過ごし方を紹介します。

メーカーに勤める法務のスタッフのある1日

8:00 出社

朝出勤してから今日の予定をチェックします。

メールにも一通り目を通し、重要な案件にはすぐに対応します。

8:30 朝礼

朝礼に出て、新商品のリリース情報やチーム全体の業務の進捗状況を確認します。

取引先や消費者との間で起きているトラブルの情報を共有することもあります。

9:00 業務開始

営業担当者からお客様との契約内容に関する相談を受け、法的な側面からアドバイスをします。

12:00 昼食休憩

およそ一時間ほど、昼食をとりながら休憩します。

法務は事務仕事が多く肩こりや頭痛に悩まされることもあるので、休憩時には積極的に身体を動かします。

13:00 契約書のチェック

取引先との間で交わす契約書に自社の損失につながるようなリスクがないかどうか、一言一句文言をチェックします。

15:00 社内ミーティング

契約書の内容の問題点や解決策について社内の関係者でミーティングを行います。

17:30 変更点のまとめ

社内ミーティングで決定した変更点をまとめ、契約書に反映させます。

18:00 翌日の準備

明日のスケジュールを確認し、必要な資料があれば準備します。

18:30 退勤

仕事が終わり次第、退勤します。

規程の時間に帰れる日もありますが、契約の期日直前は大変忙しく深夜残業になることも珍しくありません。

仕事体験談