ホテルスタッフに向いている人、適性

「おもてなし」するのが好きな人

「人のために何かをしてあげたい」「人が喜ぶ姿を見ると自分もうれしくなる」など、ホテルスタッフになる人は、みな少なからずこのような気持ちを抱いています。

たとえば、アルバイトで接客業に携わっていておもてなしすることに喜びを感じたなど、「ホスピタリティ(おもてなしの心)」を大切に考えられる人は、ホテルスタッフに向いています。ホスピタリティはホテルスタッフにとって絶対に必要なものです。

人を惹き付ける魅力のある人

ホテルスタッフのようなサービス業に携わる場合、お客さまにとって「話しかけやすい存在」であることは非常に重要です。パッと見て近寄り難い雰囲気を放っているホテルスタッフには、お客さまも何かを頼んだり相談したりしたいと思わないからです。

「困ったらあの人に話しかけよう!」と思ってもらえる存在でなければなりません。

そのため、明るく爽やかで、人に対して親切であることはもちろん大切。さらに、見聞を広めたり美しいものに触れたりして自分自身を磨いていくことで、自然と人としての魅力が内側からにじみ出るようになるでしょう。

フットワークのよい人

ホテルスタッフの仕事は頭を使うだけではありません。むしろ、さまざまなお客さまがいらっしゃる以上、どうしても予想外の出来事が発生し、身体を動かさなければならないことのほうが多いくらいです。

また、ホテルスタッフには「お客さまの求めていることを即座に判断し、言われる前に行動する」姿勢が必要です。待ちの姿勢ではなく、自分から積極的に動くことができる人はホテルスタッフに適していると言えます。

チームプレイができる

ホテルスタッフは大勢のスタッフと一緒に働く仕事です。また、仕事中には各部門間で協力し合わなければならないことが多々出てきます。

お客さまにとっては、フロントであろうとレストランのサービスマンであろうと、みんな同じホテルスタッフ。「私は担当じゃありませんから」と言ってしまえばたちまちクレームが発生しますし、お客さまは二度とそのホテルに来てくれない可能性があります。

ホテルスタッフは「同じチームの一員だ!」という意識を持って働くことが大切です。