ホテルの定義と種類

そもそもホテルとは?

みなさんは、「ホテル」にどのようなイメージを持っているでしょうか。開放感のあるフロント、お洒落なレストラン、大きなベッドがある洋室…といった想像をする人は多いかもしれません。

ホテルと同様の宿泊施設である旅館などはいずれも、「旅館業法」という法律によって定義されています。旅館業法の定める「旅館業」とは、ホテル営業、旅館営業、簡易宿泊営業および下宿営業の4種類を指し、そのうちホテル営業については以下のような定めがあります。

“洋式の構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、簡易宿所営業及び下宿営業以外のもの”

さらに、旅館業法施行例によって
・客室は10室以上
・各客室の面積は9平方メートル以上
・出入り口と窓には鍵がかけられること

といったように、ホテルの構造や設備についても細かく定められています。ただし、名称制限は特にないため、和風の旅館でも「○○ホテル」と付いている場合もあります。

シティホテル

法律で決まっているわけではありませんが、ホテルの種類を考えるときに、大きく「シティホテル」「ビジネスホテル」「リゾートホテル」の3つに分けることができます。

「シティホテル」は、都市中心に建つホテルです。みなさんがよくご存じの帝国ホテルやホテルオークラ、またウエスティンホテルやザ・リッツカールトンなどの大手外資系ホテルなどはこれに当たります。

客室はたいてい百以上、またシングルやダブル、ツインなどさまざまな種類があります。さらにレストランやカフェ、宴会場、結婚式場、スポーツジムなどの多種多様な施設を有しており、ビジネスマンや外国人利用客も多いのが特徴です。

ビジネスホテル

その名の通り、ビジネスマンの利用客が多いことから、こう呼ばれることになりました。大都市のほか、地方都市の駅前など立地はさまざまで、シングルルームが中心です。さほど広くない宴会場やレストランを持つホテルもあります。

リゾートホテル

スキー場や海辺、高原などのリゾート地にあるホテルです。利用客のほとんどは観光目的で、ファミリーも多いのが特徴的。広々とした空間設計になっていることが多く、サービスもホテルごとに趣向が凝らされています。

このほか、大都会に位置しながらもリゾートの雰囲気を重視した「アーバンリゾートホテル」と言われるタイプのホテルなどもあります。

それぞれのホテルは、その一軒だけで営業する「独立系」ホテルと、ファーストフード店のように全国に同じ名前で多数展開する「チェーン系」ホテルのどちらかになります。