ホテルの総支配人の仕事

ホテルスタッフとして働く人、ホテルスタッフを目指す人の中には、将来「総支配人になりたい!」と夢を持っている人も多いはず。では、総支配人の仕事内容や仕事のやりがいは、いったいどのようなものなのでしょうか。

ホテル特有の肩書き

ホテルスタッフの管理職は、一般企業のように課長、部長といった肩書きが使われていないことが多いです。その代わりに、マネジャー、主任、支配人などが使われ、ホテルでもっとも上の立場に位置する人のことを「総支配人(GM、ジェネラルマネジャー)」と言います。

ホテルは「宿泊部門」「宴会部門」などいくつかの部門で分かれていますが、総支配人は、それらの部門の支配人を統括する存在。その上に社長や会長がいる場合でも、ホテルの最高責任者として実質的に現場を統括しているのは総支配人であることが多いです。

総支配人の仕事

総支配人は日々さまざまな仕事に追われていますが、おもな仕事内容は以下のとおりです。

<1.ホテルの施設や設備をチェック>
掃除は行き届いているか、壊れている設備がないかなどを歩き回って確認します。

<2.ホテルで決められたサービスがなされているかのチェック>
各ホテルでは、サービスの基準が設定されています。それらが守られているか確認します。

<3.お客さまへの対応>
総支配人であっても、現場に出て直接お客さまとやり取りする機会は多くあります。また、各界の著名人やお得意様がいらした際には、必ず挨拶を行います。

<4.経営状態の確認>
ホテルの経営状況(売上やコストなど)を確認。また、ホテルとしての経営方針や計画などを考えます。

総支配人のやりがい

総支配人にはそう簡単になれるものではありません。いくつもの部署で経験を積むのはもちろん、マナー、サービス、知識、語学など、いずれにおいても高いレベルを持つ人だけが手に入れられるポストです。

総支配人になったとしても、次期総支配人を目指すライバルたちがどんどん出てくるため、気が抜けません。

さらに、業績の悪化や不祥事などが起これば総支配人の責任となります。非常にプレッシャーも大きく大変な仕事ですが、そのやりがいは、何と言っても大きなホテルを自分の手で動かしていくことができること。

これは総支配人しか味わえない喜びであり、苦労する分、成功したときのやりがいもひとしおと言えます。