ホテルスタッフの志望動機

人と接することが好き

ホテルスタッフの志望動機で多いのは「人と接するのが好き」というものです。

ホテルスタッフは、毎日大勢のお客さまと出会います。性別も年齢層もバラバラ、また外国人のお客さまも多くいます。お客さまの中には温厚な人もいれば、とても厳しく怖い人もいるでしょう。そんな不特定多数の人と触れ合うこの仕事では、何よりも「人が好き」でなければやっていけません。

人を喜ばせることが好き

人が好きなことに加えて、「人を喜ばせることが好き」というのも、ホテルスタッフの志望動機として多いものです。自分の行動によって周りが喜んでくれたり楽しそうな顔をしてくれたりすることで、自分もうれしくなる…そんな気持ちを持っている人が、ホテルスタッフを目指しています。

ホテルスタッフはお客さまに満足していただくためにサービスをする仕事。この志望動機はホテルスタッフを目指すのなら絶対に必要なものとも言えそうです。ただし、面接で単純に「人を喜ばせるのが好き」とだけ話しても説得力はありません。

これまでに自分が経験したことなどから、「なぜ、そう思っているのか?」についてしっかりと語れることが大切です。

チームワークを大切にしたい

ホテルスタッフの仕事は、チームワークが大切です。フロント、クローク、ウェイター/ウェイトレス…などさまざまな仕事がありますが、いずれも自分一人の判断で勝手に動いてしまえば、現場が混乱してしまいます。

もちろん一流のホテルスタッフになれば、お客さまからの頼まれごとに対して、自分の判断で行動することはあります。

しかし、各部門ごとに「誰が、どのような仕事を中心に担当するか」といったことは毎日確認されており、何かトラブルなどがあればスタッフ同士で共有していきます。チームでしっかりとコミュニケーションをとることが、現場をスムーズに動かすことにも繋がるのです。

以上のような理由から、「チームで動くことが好き」な人が、ホテルスタッフを志望することも多いようです。