高卒からホテルスタッフになるには

高卒のホテルスタッフ採用について

大手外資系ホテルでは、高卒生の採用試験を行っていない場合があります。ただし、シティホテルや独立系のホテル、地方のホテルなどでは、高卒でも毎年定期的に採用を実施することも多くあるので、高卒でホテルスタッフを目指すのは無理な話ではありません。

配属先は宿泊部門や宴会部門、レストランなどさまざまで、まずは現場経験を積みながら仕事を覚え、数年間経ったら異動となることが多いようです。

ホテルスタッフは現場で働くことで成長できるので、若いうちにホテルスタッフを目指すことは、キャリアアップの面でもメリットが大きいと言えます。ただし高卒の場合、総務や営業などの「管理部門」に異動することはほとんどないようです。

採用試験の内容

学科試験(一般常識問題・作文など)に加えて面接を行い、総合的に合否が判断される場合が多いようです。

高卒でもっとも大切なことは「熱意」

高卒の若者が、すぐに社会に出てホテルスタッフになろうという決意をすることは、決して簡単なものではないはずです。学歴の面では大卒に叶わなくても、高卒の採用試験の場合、意欲や前向きさなど「人柄」が重視されることが多いと言われます。

特別に、ホテルに関しての詳しい知識を持っている必要はありません。ただ、部活動や習い事など何かこれまでの人生でがんばったと言えることがあれば、面接試験の際に自信を持ってアピールできるでしょう。

また、英語の能力はプラスに評価されることもあるので、高校在学中に英検やTOEICの試験を受けておくことも有利に働くでしょう。