翻訳家の生活

勤務型とフリーランス型

翻訳家のライフスタイルは二つに分かれます。

まず普通のサラリーマンのように会社に所属している産業翻訳系の人々。これは業務の内容が翻訳であるだけで、生活のスタイルはほとんど社員に変わりありません。毎朝決められた時間に出勤し、残業なども普通に行って帰宅します。社員としての福利厚生や手当がつくこともあります。

対して翻訳家の大半を占めるフリーランス型の場合は、いわば独立した個人事業主ですから、SOHOなどと同じく、生活は個人の選ぶところが大きいです。

他に家業があったり、もしくは主婦で子育てをしながらその合間に仕事を行ったりと、ライフスタイルとしては自由で管理される部分が少なく、融通も効きます。堅苦しい会社勤めが合わないという人にはこちらが良いかもしれません。

ただし生活の保証が確立されておらず、福利厚生もありません。個人で名が売れたり、注文が豊富な人なら問題はないでしょうが経済的な不安や困窮と戦いながらの生活になっている翻訳者もいます。

フリーランスの翻訳者のライフスタイル

フリーランスの場合、通常は注文先の人間と直接訪問して契約や打ち合わせをすると、後はほとんど自宅でひたすら地道に翻訳を起こっていく作業となります。

中途の作業確認などの意味合いで、途中の提出が義務付けられている時は提出に行きます。最近はIT技術の発達で、提出から日々の連絡まで全てメールで行えるようになったので直接の会合は減っています。

それでも〆切までに間に合うように仕事は完了させなければいけないので、そこは個人の管理能力が問題になります。

フリーで働く場合、勤務時間は自由になりますが、締め切りに間に合わせなければいけないときには、睡眠時間を削って作業をしなければならないときもあります。特に企業から依頼される実務翻訳をする場合には、短納期で翻訳を仕上げなければならないことが多々あります。

時折、気晴らしや食事をしながら、図書館などで調べ物をしたり、実地に取材に出かけたりもします。家にこもりがちなので、なるべく外に運動に行ったり、人に会う機会を作ったりすることも必要です。

そういった勉強や余暇の過ごし方が自分で選べるのがフリーランスの魅力と言えます。兼業で空き時間のみ作業をするという働き方も可能です。

ですが、あまりにマイペースで進めていると仕事の締切りに間に合わなくなったり、クオリティが保てなくなるので、そのあたりのけじめをはっきりつけるライフスタイルの人も多いです。

仕事体験談