ホームヘルパーのやりがい (体験談)

ホームヘルパーの「やりがい」とはどんなものがあるでしょうか?

誰でも働くうえで、「やりがい」を持って仕事をしていることと思います。ここでは、ホームヘルパーのやりがいについて、お話していきます。

ホームヘルパーの自己満足

ホームヘルパーは基本的に、高齢者のお世話です。

困っている人を助けるお仕事ですから、「自分は世の中の役に立つ」という、自己満足の気持ちを持ってもよいのではないでしょうか?

人が認めてくれなくても、自分自身を認めてお仕事に励んだらよいでしょう。それくらい、ホームヘルパー(介護)の仕事はきつく、責任感のあるものです。

利用者の笑顔

ホームヘルパーのやりがいは、なにより利用者の方から感謝されることです。

ホームヘルパーなら誰でも思いますが、利用者に朝の挨拶をすると「今日もお願いします」という言葉でやる気がでます。

トイレ介助、食事のお世話、入浴介助、掃除などをするたびに、「ありがとう」と言われ嬉しくなります。

利用者のお話を聞いてあげたり、相談事に助言をしてあげると「にこっ」とした笑顔をいただけけます。

高齢者の方は、人と話したい、人に話を聞いてもらいたい、と思っているのです。ホームヘルパーの「やりがい」は、なにより利用者の方に喜んでいただくことなのです。

人によっては、それぞれやりがいは違うと思います。

自分のため、お金のためなど、いろいろなやりがいがあると思いますが、ホームヘルパーのお仕事をしていくうえで、きっと「利用者の方が喜んでくれる」ことにやりがいを見出していくのではないでしょうか。

ホームヘルパーを続ける

ホームヘルパーの仕事を長く続けていくことは、本当に大変なことなのです。利用者との信頼関係を築き、いつも笑顔をたやさず利用者に接することは、なかなか難しいのです。

ですから、この仕事をやめていく人も多いのでしょう。

しかし、ホームヘルパーを長く続けていくことでやりがいも出てくるのです。これから、ホームヘルパーを目指す人は自分なりのやりがいを見つけてみましょう。

仕事体験談