ホ—ムヘルパーの役割

ホームヘルパーの必要性の高まり

介護保険制度が始まるずっと前は、介護を専門的に受けるとなったら、それは「施設入所」を意味していました。

今のような在宅サービスが一般的ではなく、自宅にホームヘルパーが来て介護サービスを行うということはめずらしいものだったのです。

施設に入所して介護を受けることや、病院で死ぬまで面倒を見てもらうということが当たり前でした。

しかし、施設での入所生活は集団処遇で、なかなか個人の生活やプライバシーが尊重された環境は作りにくいものです。

今でこそ、ユニットケアや個浴など、個々の人格を尊重したサービスがいろいろありますが、昔はサービスとして選択できることもなく、個々の人格に配慮されないような介護を受けている状況があったのも事実です。

「それが人の幸せにつながるのか?」と多くの人が疑問に思っていました。

そして、施設や病院ではなく、住み慣れた地域、自宅で最期までその人らしく暮らしていくことが幸せではないかと多くの人が考えていました。

「施設から在宅へ」在宅サービスの必要性が叫ばれ、在宅で介護を行うホームヘルパーの必要性が高まっていきました。

在宅介護を支える大事な役割

ホームヘルパーの役割は、在宅介護を支える重要な役割があります。

人が高齢になったり、ある日突然、障害を持ったとしても、その人が長年住み慣れた所で馴染みの人たちに囲まれて、以前と変わらぬ暮らしに少しでも近づくことができるように、または自立した生活を継続していくために、ホームヘルパーはその人の日常生活の中に入ってお手伝いします。

「介護」というのは、想像している以上に心身ともに負担の大きいものだとよくいわれます。

終わりのない介護を繰り返す毎日に疲れ果てている介護者も多いですが、ホームヘルパーが間に入ることで、それまで抱えていた介護の負担が多少なりとも軽減されます。

人の自立の手助けをする

このように、ホームヘルパーは介護者の身体的・精神的負担を軽減するために、非常に重要な役目を担っています。

さらに、介護対象者の「その人らしい」生き方を尊重し、その人が自立できるような手助けをすることも大事な役目のひとつです。

「介護」を通じて、その人が経済的、精神的、社会的に自立をするための手助けをすること、その人が社会とよい関係を築き、共に生きていくためにサポートすることが、ホームヘルパーには求められています。

仕事体験談