ホームヘルパーの仕事内容

利用者の自宅へ訪問し、介護サービスを行う

ホームヘルパーは、高齢者や身体の障害を抱える人に対し、日常生活上で困難なことの援助やケアを行う仕事です。

正式名は「訪問介護員」といい、「ケアマネジャー」が事前に作成した介護サービス「ケアプラン」に基づき、サービス利用者の自宅に訪問してさまざまな介護サービスを行います。

ホームヘルパーの具体的な業務内容は、大きく「身体介護」「生活援助」の2種類に分けることができます。

身体介護とは

利用者が日常生活上困難なことをホームヘルパーが援助し、利用者の機能や能力のケアに努めます。

トイレ介助

トイレの誘導から始まり排泄の介助、下半身の洗浄や清拭、おむつ交換排泄物の処理、トイレ掃除を行います。

食事介助

利用者に合った食事を調理すると共に、食事を摂る際のお手伝いをします。

嚥下困難な利用者には流動食などを用意し見守りが必要です。

食事前には手洗い、うがいの励行をします。

着替え介助

下着交換、パジャマ交換、外出する際の服装の交換などをします。その際、なるべく利用者自身に着替えをしてもらい、できないことだけをお手伝いします。

入浴介助

浴槽の掃除をしながら、利用者の着替えを用意しておきます。利用者が入浴してからは洗髪や体を洗ったりします。

身だしなみの介助

洗顔や歯磨き、爪切り、髪のお手入れ髭剃りなどをお手伝いします。

服薬の介助

投薬を確認すると共に服薬の管理をします。また、飲み忘れがないか注意します。

体位変換

自分で動けない利用者は床ずれしてしまうため、体位を変換します。

付き添い介助

外出時の付き添い、病院などの送迎、買い物時などに、付き添い介助を行います。

つねに救急時の対応も考えておくことが必要です。

生活援助とは

食事、掃除、選択など、生活をするうえで必要なことをホームヘルパーが援助します。

住居の掃除

利用者の承諾を得てトイレ、風呂場、キッチン、寝室などの掃除をします。こちらの判断で勝手に掃除をせず、必ず利用者の許可をいただいておかなければなりません。

食事の用意

施設などで決められたメニュー以外は利用者の意見を聞いてから調理します。食事の配膳、後片付け、洗い物をします。

洗濯

利用者の汚れ物の洗濯をします。また、アイロンを掛けたり衣服の綻びを縫ったりすることもあります。衣服の整理なども行います。

買い物の代行

利用者に頼まれた品物の買い物をします。代金は利用者から預かるため、必ず買い物のレシートを渡すようにしましょう。

その他

ごみだし、布団のシーツ交換、病院での薬の受け取り代行など、日常生活の援助をします。

相談・助言を行うこともある

身体介護と生活援助は、単独もしくは組み合わせで提供されますが、それぞれ時間が決められています。

このほか、利用者と関わるなかで生活や介護について相談されたら、助言やアドバイスも行います。

利用者から相談され、ホームヘルパーが助言するためには、日頃からコミュニケーションを大切にして信頼関係を築いておくことが必要です。

ただし、問題点などが出た場合は自分だけで解決をしないで、ケアマネジャーに相談します。

仕事体験談