介護職員初任者研修の通信と通学の違い

ホームヘルパーをはじめ、介護職の入門的な資格とされる「介護職員初任者研修」は、通学制と通信制の2種類の学校やスクールで受講することができます。

ここでは、両者の特徴や違いについて紹介します。

通学制と通信制の特徴

介護職員初任者研修は、学科が約50時間、実技が約80時間、合計で130時間のカリキュラムとなっています。

これは、通学制でも通信制でも変わりません。

通学制の場合、この130時間のすべてを学校やスクールに通って受講することになります。

一方、通信制では、約40時間分のカリキュラムを自宅学習し、残りの約90時間分はスクーリングによって受講するという特徴があります。

つまり、介護職員初任者研修では、通信制といってもすべて自宅学習することはできません。

通信で学べる時間は、最大で40.5時間と定められています。

なぜ、スクーリングが必要か

通信制でもスクーリングが必須というのには、きちんとした理由があります。

というのも、介護に必要な知識はもちろん座学で学ぶことも重要ですが、現場で実際に介護を実践するには技術を身につける必要があるからです。

実技のカリキュラムでは、車いすやベッドを利用した演習が組み込まれており、現場で即生かせるスキルを習得します。

介護の仕事に就くためには、スクーリングをして実技を勉強することが不可欠といえます。

通学制と通信制のおおまかな違い

カリキュラムについて

【通学制】
学科も実技もすべて学校やスクールに通い、講師から直接指導を受けます。

【通信制】
おもに学科の約40時間を自宅学習し、残りの約90時間はスクーリングをします。

資格取得までの期間について

【通学制】
週5日通う場合、最短で約1ヵ月で資格取得が可能です。

【通信制】
週1日のスクーリングの場合は、最短でも3~4ヵ月程度で資格取得となります。

メリットとデメリット

【メリット】
通学制は、講師から直接指導を受けられるため、その場で質問をするなど疑問をすぐに解決しやすいといえます。

短期間で資格取得をすることが可能です。

通信制は、通学制よりも学費が安く設定されているところが多く、スクーリングの日数を考えれば仕事をしながらでも学びやすくなっています。

デメリット

通学制は、通信制に比べて学費が高めであることや、週に3~5日程度みっちりと学校に通う必要があります。

通信制は、自宅学習をする時間が多いため、自分で計画を立てて勉強を進める必要があります。