ホームヘルパーへの転職

まずは資格の取得から

介護の仕事がまったく未経験であっても、他職種からのホームヘルパーへの転職は一般的によくあることです。

ホームヘルパーには国家資格がありませんが、平成25年(2013年)4月以降、ホームヘルパーの新しい資格として「介護職員初任者研修」ができ、この資格を取得することで、在宅での身体介護を含むすべての業務を担当できるようになりました。

介護職員初任者研修を受講すれば、介護技術の習得や福祉の仕事をするうえでの基礎知識を習得することができます。

座学のみならず、ベッドや車いすを用いて何度も受講者同士のロールプレイでの実技の訓練を行うため、実際にホームヘルパーとして働く際の心得や自信がついていきます。

転職を考える人は、まず介護職員初任者研修の取得を目指すとよいでしょう。

働く場所には困らない

介護職員初任者研修は研修修了後に試験が行われるため、研修を修了すれば無試験でホームヘルパーが資格を得られた時代に比べると、いくらかハードルが高くなったようです。

しかし、この試験はあくまでも知識や技術の確認のために行われ、落とすための試験ではないため、しっかりと学習すれば取得できる資格です。

高齢化が進むなか介護の仕事の求人は増えており、景気に左右されにくく安定して働きやすいことから、職業安定所でも失業者や転職希望の人にはホームヘルパーを職業訓練として勧めることが多いようです。

ホームヘルパーはまだまだ人手不足のため、介護職員初任者研修を修了して資格を取得すれば、必ずといっていいほどホームヘルパーの仕事にありつけます。

またホームヘルパーは、主婦など職業経験のない人にとっても普段の家事労働の経験を生かしながら働くことができます。

たとえ職業経験のブランクがあっても、さほど気にすることなく始められるのがホームヘルパーの仕事の魅力のひとつといえるでしょう。

介護職としてステップアップ

介護職員初任者研修の取得後、次のステップとして上位資格の「介護福祉士実務者研修」に進むこともできます。

さらに、介護福祉士実務者研修を修了すれば、国家資格である「介護福祉士」の試験の受験資格を得ることもできます。

介護福祉士の仕事

介護福祉士は介護のプロフェッショナルであり、給与や待遇もホームヘルパー以上によいものとなっています。

仕事体験談