ホームヘルパーのつらいこと、大変なこと

決して「きれい」な仕事ではない

高齢化社会が進むなか、ホームヘルパーの需要はますます大きくなっています。

社会から必要とされている責任感や使命感を味わいながら働けるのはこの仕事の魅力ですが、決して「きれい」とはいえない仕事です。

身体介護のなかには排泄の介助も含まれますし、自分で入浴ができない人の入浴介助も行います。

また、利用者によっては、思うように身体を動かせないことから日常的な掃除がままならず、どうしても家の臭いなどが気になってしまうこともあるようです。

場合によっては排泄物に触る場面も出てくるため、その点に耐えられないとホームヘルパーの身体介護を行うのは難しいかもしれません。

利用者宅の事情を考慮する必要がある

ひとくちに介護職といっても、ホームヘルパーのように利用者宅を訪問して介護をする仕事もあれば、介護施設に勤務して、施設内でその利用者に介護サービスを提供する仕事もあります。

どちらも楽な仕事ではありませんが、どちらのほうがより大変かといえば、在宅介護をするホームヘルパーだと答える人が多いようです。

「人の家で介護をする」というのは、想像以上に大変なことです。

利用者宅によって置いてあるものは異なりますし、利用者の家族とのコミュニケーションも上手にとっていかなくてはなりません。

周囲に複数のスタッフがいる施設勤務とは異なり、在宅での介護中は基本的に一人で判断し、行動する必要があります。

慣れてくれば、どのような場所でも落ち着いて介護ができるようになりますが、経験が浅いうちは別の家に行くたびにあれこれと判断に迷い、疲れてしまうことがあるかもしれません。

安定した収入を得ることの大変さ

ホームヘルパーは、まだ非常勤で働く人が多いのが現実です。

常勤の求人はゼロではありませんが、パートタイムで1日に数時間だけ利用者宅へ出向くというスタイルで働く人も少なくありません。

そうなると、どうしてもこの仕事だけで生活するだけの収入を得るのが難しくなりがちです。

また、他人の介護をするという大変な仕事でありながら、それに見合った給与設定がなされていない職場も多いようです。

こうした点に不満を抱き、介護の仕事を離れてしまう人もいます。

仕事体験談