介護職員初任者研修の取得費用

養成機関の数は多い

介護職員初任者研修は、ホームヘルパーとして働きたい人にとって入門的な位置づけとなる資格です。

取得は必須ではありませんが、この資格を持っていれば在宅での身体介護も含め、ホームヘルパーとしてのすべての業務を担当することができます。

介護職員初任者研修は、各都道府県が指定した養成機関(訪問介護事業所、自治体、専門学校など)で実施されており、受講者は計130時間のカリキュラムを修了する必要があります。

この養成機関は数が多く、学校やスクールによって資格取得までの期間や通学日数、サポート体制、学費も異なります。

だいたいの費用

介護職員初任者研修の受講料は、学校やスクールによって異なるため一概にはいえませんが、5万円~10万円程度のところが多いようです。

この研修は通学制のものと通信制のものがあり、通信の場合はカリキュラムの一部を自宅学習で、残りの時間はスクーリングで学ぶことになります。

通信制は、通学制よりも学費が安く設定されているものが多いようです。

ただし、単純に費用だけで受講を決めてしまうのは少々危険です。

たとえば、どうしても講義を休まなくてはならなくなった場合の振替制度の有無、受講期間の無料延長制度の有無など、サポート体制は講座によって異なるため、そのような内容もよく確認したうえで決定するとよいでしょう。

割引制度を利用して学ぶ

介護職員初任者研修は、講座によっては厚生労働省の「教育訓練給付制度」に指定されています。

給付条件を満たしたうえで厚生労働大臣の指定する教育講座を受講し、修了することで、受講料の20%が修了後にハローワークから給付されます。

支給対象となるかどうかは、お住まいの地域を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に問い合わせるとよいでしょう。

そのほか、講座によっては期間限定での割引が実施されることもあります。

こうした制度をうまく活用して、費用を抑えて学ぶことが可能です。