ホームヘルパーの資格の種類

ホームヘルパーの基礎的な資格

ホームヘルパーは、基本的に介護を必要とする利用者の自宅に訪問し、利用者の生活サポートや身体介護をする職業です。

業務内容は、大きく分けて炊事、洗濯、掃除などをする「生活援助」と、食事や入浴、トイレなどの介助をする「身体介護」の2種類があります。

ホームヘルパーには国家資格がないため、働くうえで資格は必須ではありませんが、在宅介護における身体介護については無資格では行うことができません。

ホームヘルパー関連の資格として、かつては「ホームヘルパー1級・2級・3級」あるいは「介護職員基礎研修」というものがありましたが、制度変更により、現在は「介護職員初任者研修」が介護職としての最も基礎的な資格となっています。

介護職員初任者研修の概要

介護職員初任者研修とは、介護職として必要な最低限の知識・技術・思考プロセスを身につけ、基本的な介護業務を行えるようになるための研修であり、「旧ホームヘルパー2級」に相当する資格として位置付けられています。

この研修を修了するには、厚生労働省で認定された基準に基づき、都道府県が指定した事業者が実施する130時間のカリキュラムを受講します。

そのうえで、終了時に評価試験に合格すれば修了することができます。

なお、制度が変わったことにより、かつてのホームヘルパー1級・2級や介護職員基礎研修修了者は、介護職員初任者研修修了者とみなされます。

介護職員初任者研修からのステップアップ

介護職員初任者研修を修了すると、そのまま身につけた知識を生かして介護現場で働くことができますが、さらに必要な要件を満たせば、次の各資格にステップアップしていくことも可能です。

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修の上位資格です。受講する際に、全カリキュラムから130時間分、講義時間を短縮することができます。

介護福祉士

介護職のなかでも「プロフェッショナル」とみなされる国家資格です。介護職員初任者研修および実務者研修を修了し、介護の実務経験を3年以上積んでいると受験資格が与えられます。

介護福祉士の仕事

ケアマネージャー

介護福祉士の上位資格に位置付けられています。試験を受けるためには実務経験が5年以上必要であり、合格率も低めとなっています。

サービス提供責任者

訪問介護サービスのリーダーとして活躍できる仕事です。3年以上の実務経験を積む必要があります。

仕事体験談