ホームヘルパー2級の廃止理由

介護職に関連する資格としてよく知られていたホームヘルパー2級の資格。

しかし、すでにこの資格は廃止されており、現在は「介護職員初任者研修」がホームヘルパー2級に相当する資格として新たに運用されています。

では、なぜホームヘルパー2級がなくなってしまったのでしょうか。

介護職におけるキャリアパスの明確化を図る

高齢化社会が進み続ける現代の日本。高齢者の数が右肩上がりとなっており、介護業界では、仕事として介護に携わる人材の育成が急務となっています。

しかしながら、これまでの介護職は「給料があまり良くない」「激務で長く働き続けることが難しい」といったイメージが強く、実際に、厳しい環境で仕事をしていた人も少なくないようです。

そうした業界の課題があるなか、国は介護職として働く人のキャリアパスをわかりやすくし、介護職としてステップアップしていける道筋を立てました。

そうすることで、介護の仕事に携わる人材を増やし、介護職員の質を向上させ、そして介護職に就いた人が長く働き続けることを目指しているのです。

その施策の一環こそが、介護資格の見直し、すなわち「介護職員初任者研修」の誕生です。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、2013年4月、ホームヘルパー2級が移行する形で生まれた資格です。

この資格を取得するには、所定のカリキュラムを修了する必要があります。

このカリキュラムは全130時間となっており、通信講座や通学講座で学ぶことができますが、「講義」に加えて「実技」の習得も必要であるため、通信講座のみでは修了できません。

介護職員初任者研修のカリキュラムは、「介護における尊厳の保持・自立支援」「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」「認知症の理解」「生活支援技術」などで構成され、全カリキュラムの受講が終わると評価試験と呼ばれる筆記テストが行われます。

そして、この試験に合格することで、介護職員初任者研修を修了することができます。

なお、かつてホームヘルパー2級を取得していた人は、現在は介護職員初任者研修修了者とみなされます。

その他のホームヘルパー資格はどうなったのか

ホームヘルパー2級と同時に存在していたかつての「ホームヘルパー3級」は、現在は廃止されています。

また、「ホームヘルパー1級」や「介護職員基礎研修」に関しては、介護職員初任者研修の上位資格である「介護職員実務者研修」に一本化されています。

介護職員実務者研修は、そのさらに上位資格となる「介護福祉士」の国家試験の受験資格を得るために受講が必要な研修です。

なお、実務者研修の受講時間は、無資格者であると450時間のカリキュラムを受講しなくてはなりませんが、すでに取得している資格によって一部免除されます。

新たな資格制度の誕生により、いま介護職のキャリアパスは、「介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士」といった明確な形ができており、今後は介護人材としてホームヘルパーよりも、より高度な知識・技術を持つ専門介護福祉士を増やしていこうという考えがなされているようです。

このように、ホームヘルパーの資格や取り巻く環境はここ数年で大きく変わりましたが、この先も介護業界は大きな変化があるかもしれません。

この仕事を目指す人は最新の情報をよく確認していくことが必要です。

仕事体験談