「ニチイ学館」の介護職員初任者研修

介護・福祉の養成講座といえば、「ニチイ学館」がとても有名です。

ここでは、ニチイ学館のホームヘルパー講座について説明していきます。

ニチイ学館の歴史

「ニチイ学館」は介護・医療の人材育成と、トータルな介護サービス事業を全国規模で展開している会社です。

「介護職員初任者研修」に移行された「ホームヘルパー2級講座」を1996年に開講し、現在にいたるまで100万人以上の修了生を輩出しており、その実績や知名度においては同業他社と比べても群を抜いているといえるでしょう。

ニチイ学館の介護職員初任者研修

ニチイ学館はWebサービス「まなびネット」にて、介護職員初任者研修の資料を請求できます。

介護職員初任者研修は通信講座を利用して学ぶことができるため、なかなか学校に通うのは大変という人でも、自分の自由な時間に学習ができ、とても便利です。
※ただし、カリキュラムの「演習」についてはスクーリングが必須となります。

ニチイの教室は全国にあり、自分で通いやすい教室を自由に選ぶことができます。受講費用は9万円〜10万円程度が基本となっていますが、さまざまな割引制度や給付制度を活用することも可能です。

標準受講期間は約4ヵ月となっています。

介護職員初任者研修の流れ

ニチイ学館の介護職員初任者研修は、「自宅学習」と「スクーリング」の2本立てで勉強することができます。

自宅学習(36時間程度)

専用のテキストを利用して、自宅で介護の基礎知識を身につけます。理解度確認のため、レポート問題の提出もあります。

スクーリング(95時間 ※教室によって多少異なる場合があります)

自宅学習と並行してスクーリングに出席し、実際に身体を動かしながら介護技術を習得します。現場ですぐに対応できるスキルをここで身につけます。

スクーリングの最終回に、それまで学んできたことの理解度を確認、評価するための修了試験が行われます。

決して受講生をふるい落とすための試験ではありませんが、万が一不合格となった場合は、再受験用の補講を受講し、再試験を受けます(有料となります)。

この評価試験にパスすると、修了証明書が発行され、介護職員初任者研修を終えたことが証明されます。

希望者は実習も行える

介護職員初任者研修では「実習」については基本的に行われませんが、ニチイ学館の講座では、実際に施設や介護サービスの利用者宅での仕事を経験してみたいという受講生に対しては、実習を受けることも可能です。

なお、一部の都道府県ではカリキュラム自体に実習が含まれていることもあります。

仕事体験談