ホームヘルパーの悩み

収入が見合わない

介護業界の仕事は、もっぱら賃金が低く、体力的にきついといわれています。

しかし、障害者やお年寄りのお世話をするこの仕事が適している人にとって、金銭には代えられない充実感ややりがいを十分に感じることのできる職業です。

ホームヘルパーは、介護業界の職場として、もっとも女性の割合が高く、人手不足で引く手あまたですが、雇用形態は短時間労働のパートなので、ボーナスや手当がない場合が多く、収入は高いとは言えません。

また、ホームヘルパーの特質上、利用者の方のご都合でサービスのキャンセルが出ると、ホームヘルパーの仕事はその分なくなるので、収入にも直にひびきます。

希望収入額を事業所に伝えておくことで、それを考慮してホームヘルパーの勤務量を考えてくれる事業所もありますが、利用者の方からの急なキャンセルや契約終了などもあるため、確実な固定収入というのは期待できません。

期待していた金額よりも、月によっては低かったりするとがっかりするもので、金銭的に厳しいと感じる人は少なくありません。

拘束時間が長いことがある

ホームヘルパーの仕事の仕方は、自宅から利用者宅に直接向かい、その利用者宅から他の利用者宅へとサービスのはしごをするような場合があります。

移動の際の交通費は支給されることが一般的ですが、移動時間やサービス開始まで数時間、外で待たなくてはいけないような待機時間が発生しても、それは勤務時間に含まれません。

ホームヘルパーにとって、サービス時間が勤務労働時間であるので、中途半端な待機時間や遠方の利用者宅までの移動の往復時間が労働として認められないとなると、仕事により拘束される時間が大きい分、収入に反映されないことに不満があるという話しを聞きます。

女性同士のコミュニケーション

ホームヘルパーの仕事は体力的につらいとか性格的に合わない利用者の方への訪問が大変だとか、障害者や高齢者との関わる上で精神的に苦しく感じる人もいるようです。

訪問介護サービスが終了した後、ホームヘルパーステーションに立ち寄って、他のホームヘルパー仲間と励まし合ってストレスを上手く発散している人も多いです。

しかし、ホームヘルパーは女性が多い職場です。

ベテランホームヘルパーが長年同じ利用者宅に訪問していて、新しくホームヘルパーが入るようなとき、新人ホームヘルパーが気を遣って疲れるという悩みもよく聞かれます。

女性同士の職場特有の人間関係の大変さというのもホームヘルパーの悩みのうちによくあるそうです。

仕事体験談