ホームヘルパーの魅力

利用者の心の支えとなることができる

ホームヘルパーの仕事は責任重大ですが、高齢者や障害者の方が自立して暮らしていけるように、利用者の方の日常生活を支えるため、やりがいを大いに感じられます。

利用者の方は、生活の不自由を感じられている方ばかりで、不安や心配ごとなどを抱え込んでいる方も多いのです。

ご家族と一緒に暮らしていても、孤独を感じている方も多くおられます。

ホームヘルパーは、利用者の最も身近な介護生活を支えるパートナーとして、利用者の方の相談に乗ることや、話し相手となることもあります。

1人暮らしの利用者の方の中には、ホームヘルパーとお話しすることを心待ちにされているといった話もよく聞かれます。

ホームヘルパーとしても、そんな利用者の方の支えになっていると思うと嬉しいものです。

ご本人のご支援だけではなく、介護をされている家族や周りの方の心の支えとなることもあります。

利用者の方をとりまく介護者、多くはご家族ですが、その利用者の方の周囲の方々の介護負担を軽減する役割があり、介護者の方々からも感謝されることもよくあります。

ホームヘルパーの支援が人の暮らしを変える

ホームヘルパーという職業は、派遣先で家事をする家政婦ではなく、加齢や疾病、障害などで生活に支障がある方たちに支援をして、その人の生活の質を高めることができます。

たとえば、独居生活をしていたご高齢の方が遠方の買い物に行くことが大変で、それができなくなり、食事が十分に食べれなくなってきたといったケースがあります。

そこで、ホームヘルパーがその方の生活の一部に入ることで、食べたいものがまた食べられるようになったり、低栄養状態がきちんとした食事を食べることで改善したなど、ほんの少しの生活の支えがあることで、人の生活というものは大きく変わります。

他にも、介護者のご家族が遠方に住まわれていて、なかなか頻繁に介護をしに行けないなどというとき、ホームヘルパーが入り、ご家族に代わって介護を行い、ご家族に体調などをお伝えすることで、ご家族も安心することができます。

このように、ホームヘルパーによって、人の生活環境がよりよく変化していくことがあります。

利用者の方の笑顔に出会える

また、多くの人に安心や喜び、幸せな気持ちをつくりあげることができるとても社会的な貢献度の高い仕事です。

そして、そういった人と人との関わりを通して、ホームヘルパーも、人生の上で多くのことを学び、人として成長することができます。

実際に、ホームヘルパーとして働いているひとたちは、利用者の方の笑顔に出会えることを楽しみに働いているという声も聞かれます。

仕事体験談