未経験からホームヘルパーになるには

ホームヘルパーの資格の必要性

今から20、30年前、介護をするのに資格など特別いらないといわれていた時代は、介護の知識も経験もない人が、介護現場に入ってから、職場の先輩に手ほどきを受けながら、見よう見まねで介護の仕事をすることがありました。

たしかに、自分の身内に介護が必要になって介護をするといったとき、わざわざ介護の勉強をして資格を取得する必要はないでしょう。

しかし、介護の専門家として、職業として介護業務に携わるとき、介護の専門的な知識や視点、プロ意識を持って責任ある仕事をすることが大事です。

ホームヘルパーとして訪問介護事業所に所属して働くとなった場合、必要な資格として創設されたのが、従来あったホームヘルパー研修1級から3級で、これを取得することが、介護業界に入り込む一般的な方法でした。

ホームヘルパーの需要は高く、ホームヘルパーの資格保持者が仕事に困るということは滅多になく、職業安定所でも、ホームヘルパー講習会が職業訓練として推進されている状況でした。

「介護職員初任者研修」で資格を習得

現在、ホームヘルパー研修は廃止されましたが、制度の名称や仕組みは変わったものの、「介護職員初任者研修」を受けることで、介護業界でホームヘルパーとして活躍する道があります。

介護経験が未経験だからといって、それに動じることは全くありません。

介護職員初任者研修を通して、一通りの介護の基礎知識や技術を学ぶことはできますし、高齢者や障害者に対する関わり方も教わることができます。

また、実際に未経験の人が介護業界や高齢者や障害者に実際に関わるには、福祉のボランティアに参加してみることもよいでしょう。

福祉ボランティアは市町村や各福祉施設などで募集されているようです。そういったところから、介護の現場を体験することで将来の福祉の仕事の一助になるはずです。

また、もしかしたら、ホームヘルパーと身近なところで出会うこともあるかもしれません。

ホームヘルパーの仕事は、地域で暮らす人たちにとってとても身近な存在だからです。

普段は主婦として家のことをしている人も、週1回数時間のみホームヘルパーとして活動していることもあります。

多くのホームヘルパーは未経験からスタートしています。

この仕事を得るために、人それぞれルートは違いますが、ある程度のまとまった学習時間を確保できるのであれば「介護職員初任者研修」で介護の基礎をみっちりと学んで資格を取得することが近道です。

仕事体験談