ホームヘルパーの求人・採用募集状況

介護職はまだまだ人手不足の仕事といわれており、ホームヘルパーの求人も、他の職種の求人に比べるとかなり多いほうだといえます。

特定の時期だけにとどまらず、通年で募集をかけている事業所や施設も少なくありません。

求人を出しているおもな事業所・施設

訪問介護事業所(ヘルパーステーション)

利用者の居宅に訪問して「身体介護」「生活援助」を中心とする介護サービスを提供します。

グループホーム

医師から認知症の診断を受けた高齢者数人が共同生活をしている施設に勤務します。

特別養護老人ホーム

居宅において介護が困難な、身体または精神上障害があり介護認定を受けている人が入居する施設で勤務します。

有料老人ホーム

利用料によってサービス内容は異なりますが、介護スタッフが常時揃っている住宅のような施設に勤務します。

上記の事業所・施設がホームヘルパーのおもな活躍の場となりますが、とくに訪問介護事業所の求人が多くなっています。

取得しておきたい資格

まずは「有資格者」であることが重視されます。

ホームヘルパーは現在、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」と、その上位資格に位置付けられる「介護福祉士実務者研修」の2つの資格がありますが、介護職のファーストキャリアとして、介護職員初任者研修は所持しておくと採用されやすいでしょう。

ただし、一部の事業所や施設では、無資格でも仕事をしながら資格を取得することを条件に、スタッフを雇用する施設もあります。

求められているのはどんな人?

ホームヘルパーとして働く場合、資格があることのほか、調理が得意な人が好まれます。なぜなら、訪問介護サービスで提供する「生活援助」では、利用者の食事づくりを行うことが多いからです。

また、グループホームで勤務する場合も、少人数で利用者のお世話をしていくために、必ず食事づくりを担当する日がきます。

ホームヘルパーの仕事に調理は付き物と思ったほうがよいでしょう。

また、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどの施設では、1日中、利用者の介護を必要とするため夜勤が入ってきます。

そのため、夜勤がまったくできないという人よりも、夜勤にも対応できる人のほうが採用されやすいようです。施設によっては、夜勤専門の求人を出しているところもあるくらいです。

そのほか、どのような仕事でもそうですが、お客さまと身近に接するホームヘルパーはとくに「責任感」「時間に正確」「挨拶・身だしなみ」などの要件を求められます。

ホームヘルパーは資格取得もさほど難しくなく、求人数が多いことから就職先を探すのはそこまで難しくないと思われますが、人間性が認められなければ採用に至らない可能性は十分にあります。

仕事体験談