ホームヘルパーの勤務時間・休日

非常勤ヘルパーの勤務時間・休日

ホームヘルパーで最も多い勤務形態は、直行直帰型の非常勤(パート)です。

非常勤のホームヘルパーは、「サービス提供責任者」の訪問介護計画に従って、自宅から利用者宅まで直行直帰で働く形態が多いです。

24時間の訪問介護サービス、年中無休で対応している事業所、その訪問介護事業所の営業によりますが、ホームヘルパーの希望する曜日や時間に沿って、サービス提供責任者が勤務スケジュールを作ります。

ホームヘルパーは自分の都合のいい日時にサービスに入りに行くので、人によっては週末の土日だけ働く人もいれば、平日の週2、3日だけなどさまざまです。

夫の扶養として働く主婦も多いので、年収を押さえて働く人もいます。

雇用保険に入ることや厚生年金に加入したいなど、雇用形態の希望も訪問介護事業所に入社する際に事前に確認されるようです。

利用者への訪問介護サービス時間帯が実際の勤務時間になるので、自宅から利用者宅までの交通時間は勤務時間として換算されません。

サービス提供責任者・主任ホームヘルパーの休日

ホームヘルパーの管理者は、「サービス提供責任者」、または「主任ヘルパー」と呼ばれ、事業所に必ず常勤勤務として設置されています。

事業所が雇うホームヘルパー全体の勤務調整やスケジュール管理、業務や実地状況の把握、ホームヘルパーへの技術的なアドバイスや研修などを行います。

訪問介護計画を作成するなど、事務的な仕事が多く、また、事業所に利用者や介護者家族、他機関からなどの連絡もあるので、営業時間帯は常に対応できるように常勤者として働いています。

たいてい、朝の8時30分ころから17時30分の日勤勤務です。

サービス提供責任者・主任ホームヘルパーの休日

土日の定休日は定められているはずですが、職業柄、休日出勤も通常働くことがあるようです。

たとえば、利用者の方の緊急時の対応であったり、土日でないと家族とカンファレンスや契約締結ができないといったケースがあります。

また、利用者の緊急時の対応、または土日に訪問する予定のホームヘルパーの都合が悪くなり、その代行が見つからなかった場合など、定休日以外にも柔軟に対応することが求められ、勤務時間や休日というのも固定されにくいようです。

さらに、サービス提供責任者は、企業によっては携帯電話を24時間オープンにしなくてはいけないとされており、深夜の電話対応に追われることもあります。

企業によりますが、夏期休暇(お盆休み)や年末年始の休暇の休みも営業している場合があります。

仕事体験談