ホームヘルパーの結婚・育児をしながら続けられる?

主婦が働きやすい職業

ホームヘルパーの仕事は、女性が結婚・育児をしながら働くには比較的働きやすい勤務形態です。

介護業界の職種で、ホームヘルパーの仕事は、最も女性の割合が高いといわれています。

それは、ホームヘルパーの仕事の大半が短時間のパート労働で成り立っているからともいえます。

この仕事の要素として、高齢者の介護は身体介護だけではなく、家事の援助も業務としてあるので、主婦が家庭で普段行っている家事労働と共通することが多く、家庭を持つ女性の仕事としては取り掛かりやすい仕事のようです。

ただ、家庭の主婦と違うのは、賃金が発生する労働である以上、責任感を持って職業として働くプロ意識が必要ですし、個人の判断で勝手に家事をこなすことがあってはなりません。

利用者の方の生活の質を高めることや、利用者の方の残された機能を使って家事の支援をするという観点にたつことが必要です。

また、他の職種(ケアマネジャーやサービス提供責任者、また他企業のホームヘルパーなど)とチームワークをとりながら、訪問介護計画書に沿った介護することを求められています。

家庭の主婦の家事とは、その辺りが根本的に異なります。

人をケアするという関わりは、女性の得意な分野とも一般的にいわれていますし、何よりも、多くの家庭の主婦が中心になってこの職業に従事していることは、結婚して育児をしながら働く場として適しているといえるでしょう。

周囲の理解を得ることが大事

しかし、子育てをしながら空いた時間でのホームヘルパーの仕事をこなすことは、育児中の女性ひとりの思いだけでは、スムーズに働くことは難しい面があります。

まだ小さい手のかかる子どもがいる場合、いつ何時、子どもが熱を出したり、風邪を引くかわかりません。

やはり、仕事をしていく上で、家族や周囲の理解や協力があってこそこの仕事は続けられるようです。

女性が多い職場なので、職場の女性から理解が得られやすいかといえば、そうでもありません。

逆に、女性の職場特有の人間関係の厳しさや難しさがあり、それが大変で辞めていく人も多いようです。

サービス提供責任者が訪問介護の全体の調整をしているので、ホームヘルパーは、普段からサービス提供責任者とのコミュニケーションを十分に取っておくことが大事となります。

仕事体験談