ホームヘルパーの訪問介護の仕事

訪問介護とは

ホームヘルパーは、正式名称を「訪問介護員」といいます。

訪問介護とは、高齢や身体に障害を抱えているなど何らかの事情で介護を必要とする人の住まいなどへ訪問し、「身体介護」や「生活援助」といったさまざまな生活支援をすることです。

具体的な訪問介護の内容は、以下の通りです。

身体介護

食事、排泄ケア、入浴、床ずれ防止のための体位交換、歩行介助、車いすの介助、通院介助など、利用者の身体に直接触れて行う介護のことをいいます。

生活援助

調理、洗濯、掃除、買い物、アイロンがけ、ゴミ出し、薬の受け取りなど、身体介護以外の介護であって、利用者が日常生活を送るうえで困難な家事などを援助します。

多角化する訪問介護サービス

訪問介護というと、利用者の住まい、つまり一軒家で行われるものと思われがちですが、最近では訪問介護のニーズが多様化し、さまざまな場所でホームヘルパーが求められています。

たとえば、高齢者専用住宅、サービス付き高齢者住宅、介護サービス付き高齢者住宅といった各施設にホームヘルパーが出向き、各居室で訪問介護サービスを提供する例も増えているようです。

訪問介護サービスを提供する事業所も、民間企業のほか、NPOや社会福祉法人など、その種類はさまざまです。

訪問介護の目的と必要性

訪問介護の目的は、介護を必要とする人が、できるだけ自立した生活を送れるようにサポートすることです。

利用者本人が自ら行うのが困難であり、かつ家族など身近な人も手助けが難しく「要介護認定」された場合に限って訪問介護は提供されます。

日常生活に直接関係がないものや、日常の家事の範囲を超えているものは、介護保険のサービスを利用することができません。

なお、訪問介護サービスを提供できるのは「ホームヘルパー」と、国家資格を持つ「介護福祉士」のみとなっています。

介護福祉士の仕事