ホームヘルパーは派遣でも働ける?

派遣会社に登録する

ホームヘルパーは、正社員やアルバイト・パートなどで働く人がいますが、派遣という雇用形態でも働くことができます。

派遣で働くには、派遣会社に登録する必要があります。

雇用形態に関わらず、ホームヘルパーの仕事ではホームヘルパーに関する資格(介護職員初任者研修など)を持っていたほうが有利ですが、最近は無資格でもOKで、派遣会社が資格を取得させてくれるケースも増えているようです。

このほか、自治体の社会福祉協議会などが派遣のホームヘルパーを募集することもよくあります。

ホームヘルパーは需要の大きな仕事となっているため、派遣としての働き場所は見つけやすいでしょう。

派遣で働く場合のメリット

給与体系

派遣の働き方では、時給に換算したときの給料体系が恵まれていることが多いようです。

たとえば施設で働く場合、個人で勤めていると時給800円前後、日給で6000円くらいになることが多いですが、派遣で働く場合は時給1,000円前後、日給で8,000円ほどになることもあります。

福利厚生

派遣社員は、正社員ほどではないですが比較的福利厚生が充実しています。

派遣会社によってさまざまな違いはありますが、健康保険や厚生年金に加入することができます。

交通費などは全額支払われるところが多くなっています。

時間が自由

仕事をする時間はある程度自由に選択できますから、自分の都合の良い時間で働くことができます。

出勤日も選択できるため、自分のペースで働くことができます。

派遣で働く場合、ホームヘルパーとしての業務内容や勤務地など、自分の希望条件に合った仕事を探すことができるのもメリットといえます。

派遣で働く場合のデメリット

派遣は契約期間が決められたなかで仕事をするため、その期間が終われば次の仕事先を探さなければなりません。

一般的には、利用者やその家族との人間関係に慣れた頃に契約が終わる場合が多いようです。

また、派遣であると仕事の範囲が狭くなったり、大事な仕事を任せてもらえないケースもあります。

そして、何より怖いのが派遣先でのトラブルや失敗などをした場合、契約を切られることです。

派遣会社は信用が第一ですから、こうなればなかなか次の仕事は回ってこないでしょう。

ホームヘルパーとして派遣で働くことは容易ですが、メリットやデメリットを考えたうえで慎重に雇用形態を考えることが必要です。

仕事体験談