ホームヘルパーの現状と将来性

いま、日本では介護ニーズの高まりにより、ホームヘルパーだけでなく介護業界全体が人手不足だといわれています。

実際、求人などでもホームヘルパーの募集記事を見かけたことがある人も多いでしょう。

ホームヘルパーはなぜ人手不足なのか?

わが国は平均寿命が世界一となり、「4人に1人は高齢者」の時代を迎えています。

介護を必要とする高齢者の数は右肩上がりが続き、現場で介護サービスを提供するホームヘルパーが、高齢者の人数に追いついていない状況です。

とくに「介護保険制度」ができてからは「ホームヘルプサービス」「デイケアサービス」といったように、利用者がニーズに合わせて介護サービス選べるようになっており、それに合わせてホームヘルパーもさまざまな分野で活躍できる人が求められるようになっています。

政府の対策

このような現状を踏まえ、政府もさまざまな対策をとってきました。たとえば、1989年に策定された「ゴールドプラン」では、2000年までにホームヘルパーを10万人養成することが目標とされました。

しかし、予想を超えたスピードで高齢化社会が進んだことにより、1994年に「新ゴールドプラン」が誕生し、1999年までにホームヘルパーの養成を17万人にするように見直されたのです。

そして、2000年には現在の「介護保険制度」が設立し、「ゴールドプラン21」が策定されるなど、日本の介護サービスを取り巻く環境は年々変わり続けています。

新たな介護職のキャリア

そのようななか、従来あったホームヘルパーの資格も新しい資格に生まれ変わり、介護職のキャリアパスを明確にすることで、就く人をどんどん増やしていこうという動きが進んでいます。

現在は、「介護職員初任者研修」を介護職のファーストステップの資格とし、そこから「実務者研修」「介護福祉士」「認定介護福祉士」といったように、以前よりもわかりやすい形でステップアップする道が開かれています。

介護福祉士の仕事

さらに、実務経験3年以上を積めば「介護福祉士」に、5年以上で「ケアマネジャー」へとステップアップすることが可能となり、これらの有資格者になることで、給与や待遇面についても、これまでより優遇されるケースが今後は増えていくものと考えられます。

ケアマネジャーの仕事

なお、無資格であっても働きながら資格取得を目指せる事業所や施設もそれなりに多いため、介護職に就くための入り口も広がっているといえるでしょう。

今後も介護保険制度についてはさまざまな変更があるかもしれませんが、介護職に就く人にとって安心して働きやすい環境は、今後さらに確立されていくものと考えられます。

仕事体験談