副業のホームヘルパー

副業でも働きやすい仕事

ホームヘルパーは、訪問介護事業所などで常勤で勤務する人もいますが、非常勤での雇用も決して少なくはありません。

登録制でニーズのある時間帯だけ利用者宅へ出向き、介護をするといったスタイルで働く人も多く、副業としては働きやすい仕事だといえるでしょう。

とくにホームヘルパーの需要はこのところ急増しており、たとえ週に1日だけであっても、ホームヘルパーとして働ける人を求める事業所はたくさんあるようです。

たとえば本業が休みの週末を利用して、副業としてホームヘルパーを始めることは十分に可能だといえます。

ホームヘルパーは無資格でもできる仕事ですが、身体介護まで携わりたいのであれば、先に介護職員初任者研修を取得しておくとよいでしょう。

副業のホームヘルパーとして働くには

副業でホームヘルパーをする場合も、一般的には訪問介護事業所の求人を探して、応募するところから始まります。

非常勤や登録制としての募集があれば、スケジュールに無理のない範囲でホームヘルパーの仕事をすることができます。

ただし、事前に本業で副業が認められているかどうかを確認しておきましょう。

また、拘束時間は案件によって変わってくるため、事前にそのような点を勤務先とすり合わせておくことも重要です。

副業でも責任感が求められる

ホームヘルパーは、高齢者や身体に障害を抱える人と触れ合い、日常生活を手助けする仕事です。

その人の生活に密着するからこそ、本業であろうと副業であろうと強い責任感が求められますし、正しい知識やスキルを持って介護に臨まなくてはなりません。

楽な仕事ではない割にあまり高収入が得られないなど苦労も多いため、「何となく楽しそう」程度の軽い気持ちではなかなか務まらないでしょう。

訪問介護事業所に応募をする際も、副業とはいえ本気で介護の仕事がしたいという熱意ある姿勢を見せることが大切です。