介護職員初任者研修の難易度・合格率

介護職員初任者研修の難易度

2013年4月、「ホームヘルパー2級」の資格が廃止され、それに相当する資格として「介護職員初任者研修」が誕生しました。

介護職員初任者研修は、基本的にホームヘルパー2級と同レベルの資格と考えられており、取得のためにはホームヘルパーと同様、計130時間のカリキュラムを修了する必要があります。

ただし、カリキュラムの大きな変更点として、在宅介護のみならず、施設での介護にも対応できる内容に変わっており、ホームヘルパー研修に定められていた30時間の施設実習がなくなり、その分、介護技術演習の時間が増えています。

このような研修内容の変更により、「実習がなくなって楽になった」「現場を知らずして研修を修了していくことなどから難易度は下がった」という声が聞かれます。

一方で、演習により介護技術をみっちり特訓するため、「技術的なところが現場に出る前にしっかりと身につけられる。その分、難易度は上がった」という人もおり、難易度の捉え方は人によって異なっているのが現状です。

介護職員初任者研修の合格率

介護職員初任者研修では、「評価試験」という形で、従来のホームヘルパー2級のカリキュラムにはなかった筆記試験が全カリキュラム終了後に実施されます。

この試験内容は、研修中に習った範囲の中で、研修を提供した各機関によって作成されて実施されます。

国家試験ではありませんし、公的機関による合格率の公表といったことも聞かれません。

つまり、ふるい落とすような試験ではなく、授業内容をちゃんと理解したのかといった理解度確認テストの要素があります。

研修提供側のスクールが独自で合格率を公表することもあるかもしれませんが、基本的に正確な数値は発表されていないようで、「ほとんどの人が合格している」と発表するスクールもあります。

実際、介護職員初任者研修は16歳から60代以上の人まで幅広い年齢の人が修了しており、きちんと講座を受ける心構えさえあれば、合格はさほど難しくないことは確かです。

仕事体験談