アルバイトのホームヘルパーとして働く

ホームヘルパーの求人募集はたくさん出ていますが、この仕事はアルバイトやパートとして働く人が大半で、正社員として働ける職場はあまり多くありません。

ここでは、アルバイトとして働くホームヘルパーの仕事内容や待遇を見ていきましょう。

資格の有無で業務内容が変わる

介護の現場で働くのに、絶対に資格が必要というわけではありません。

実際、アルバイトであれば無資格者でも採用している事業所や施設はたくさんあります。

しかし、なかには有資格者でなくては行えない業務もあります。

それは、在宅介護で行う「身体介護」です。食事や排せつ、入浴の介助、衣服の着脱、外出時の介助といった身体介護を行うには「介護職員初任者研修」を修了している必要があります。

資格が求められない場合でも、介護職員初任者研修を修了していれば優先的に採用されたり、時給がアップしたりすることもあります。

あると評価される資格やスキル

加えて、運転免許を所持している人は、利用者を送迎するための自動車の運転ができることから、比較的雇用されやすいでしょう。

なお、訪問ヘルパーの場合は「調理ができること」を採用条件としている事業所もあります。

ホームヘルパーはサービス利用者のために料理をすることもあるため、調理がある程度できる人が好まれます。

給与や待遇

アルバイトの賃金は時間給になります。

地方によって時給は異なりますが、身体介護で1,500円~2,000円、生活援助で1,300円~1,600円ほどが一般的です。

移動にかかる交通費は支給されないと思ったほうがよいでしょう。

介護施設でのアルバイト

グループホーム、特別養護老人ホーム、デイサービスなどの各施設は、ホームヘルパーの資格がなくても雇用してくれるところもあります。

また、就業時に資格を持っていなくても、働きながら資格を取得することは可能です。

無資格者の場合、地域によって異なりますが、時給800円程度からスタートする施設が多いようです。

一方、介護職員初任者研修修了者であれば、たいてい無資格者よりも50円~100円程度高い時給で働くことができます。

介護施設はとくに人手不足といわれており、アルバイトの求人募集もたくさん出ています。

働き口を探すことにさほど苦労はしないでしょう。

とはいえ、ホームヘルパーは人のお世話や介護をする仕事であることから、他人を思いやる心や、業務に必要な専門知識と技術を学ぼうとする気持ちは欠かせません。

仕事体験談