パートの保健師の働き方

パートの保健師とは

保健師は女性が多く活躍している職業のひとつですが、子育てや家庭の事情により、フルタイムで働くことができないという人に向いているのが、「パートタイム」として働く方法です。

パートタイムの保健師は、自分の都合のいい時間に、自分にあった条件で働くという点で「派遣保健師」と似ていますが、派遣保健師との一番の違いは、派遣保健師は「契約先(雇用主)が派遣会社」であったのに対し、パートタイム保健師は「事業所との直接契約」ということです。

つまり、パートタイムで働く場合には、正職員ほどではないにしろ、事業所からの「保障」が多少なりとも受けられることになります。

また、派遣のように単発や期間限定の雇用ではなく、一定期間の雇用が継続します。

パートタイム保健師の仕事内容は事業所によって違うものの、フルタイムで働く保健師の補助業務となる場合もあれば、正職員とまったく同じ仕事を任せられることもあります。

パートでも責任ある仕事をする

看護師の場合、フルタイムとパートの大きな違いは「夜勤をするか、しないか」ということですが、保健師の場合には、「1日の業務のうち全部を請け負うか、一部分を請け負うか」という違いとなります。

なかには、単に雇用形態が違うだけで、フルタイムの保健師とほぼ同じだけ働いているパートタイムの保健師もいます。

保健師の場合、雇用形態に関わらず、仕事に対する「視点」も共感できる部分が多く、フルタイムとパートタイムの間における精神的な「壁」は少ないと思われます。

もちろん、職場においての責任はフルタイムの保健師にありますが、接する人々にとってはフルタイムでもパートでも分け隔てはありません。

パートの保健師であっても、人々の健康を預かる責任のある仕事をこなしていきます。

パートとして経験を積む方法も

健康についての「指導」という役割が大きい保健師は、雇用形態に関わらず経験が求められる仕事です。

そのため、採用する側は少しでも経験の多い人を求めたがる傾向があります。

最初は誰でも経験が浅いところからのスタートとなるため、なかなか思うような就職先が見つからないかもしれません。

その場合、まずはフルタイムで勤務する保健師の元でパートタイムとして働き、自らの経験を積む道を選択するのもよいでしょう。

経験豊富になり、実力を発揮できるようになれば、別の職場にも移りやすくなるはずです。

仕事体験談