保健師の仕事は大変? (体験談)

「保健師の仕事は大変ですか?」と聞かれると、大変さよりも、やりがいのほうが大きい仕事だといえるかもしれません。

もちろん、同じ保健師でも人によって感じ方は異なりますが、この仕事は人々の健康づくりのサポートができる専門職として、とてもやりがいがある仕事です。

同じ医療に関わる職業として「看護師」がありますが、保健師の仕事の多くは夜勤がなく、緊急に命に関わる状況に遭遇することも少ない仕事です。

しかし、これはあくまでも「比較的」であり、まったくないわけではありませんし、保健師には保健師の大変さがあります。

では、保健師の仕事の「何が大変か?」をいくつか挙げてみます。

指導的立場になること

保健師が果たすべき役割のひとつに、健康教育やメンタルサポート、育児指導といった「教育・指導的役割」があります。

保健師として活躍し始める時点では、すでに人々にアドバイスするための学習は看護学校や保健師養成学校で受けていますし、最低限必要な知識・技術も身につけてはいます。

しかし、新人保健師には経験値がありません。

とはいえ、経験がなくとも保健師として働くからには、人々(地域住民や企業の場合は社員)にとっては、健康に関する不安を話すことができる頼れる相手であり、適切な指導をしてくれる専門家でなくてはいけません。

この経験不足を補うのが同じ職場の先輩保健師です。

しかしながら、看護師の場合、新人は徹底した卒後教育カリキュラムがある病院も多く、先輩の仕事から学びながら知識や技術を磨いていく場があるのに対し、保健師は職場にいる同僚が少ないことから教育の機会があまりありません。

経験と教育の機会のない新人保健師が一人前に仕事をしていくためには、何よりも向上心が必要になります。

幅広い年齢に対する、広く深い知識が必要になる

保健師の仕事は、乳幼児育児指導や、母子保健、予防注射、成人健康診断、高齢者介護計画など、幅広い年齢層に対し、さまざまな働きかけを行います。

どれも専門的な知識を必要とし、人々の「健康」を維持するために大切なことです。少ない人数でたくさんの業務をこなし、正しい判断を行うには幅広く深い知識が必要です。

最小限の健康被害と、最大限の健康増進に取り組む

保健師の仕事の最大の目的は「病気の予防」です。

人々が病気にならないために、病気についての正しい知識やその予防法、食事などの話をし、公衆衛生の向上を図ったり、健康診断で病気になりそうなリスクをのある人を発見し、指導します。

この時に必要とされるのは「先を読む力」です。

病院では、現時点で病気になっている人を診て、「どんな病気か?どんな治療が必要か?」を考えます。

しかし、保健師の場合、現在は健康な人がこれからも病気にならないように導くこと、今は健康そうに見える人のなかに潜んでいる病気のリスクを見つけることが仕事になります。

つまり「今」を「健康な未来」につなげていくのです。

そのためには、一人一人のデータや、社会の変化、最新の医療などを総合的に判断し、一歩先を読んでいく判断力が必要になります。

相手と対話する力だけでなく、論理的思考力やデータ分析力なども求められるところは、この仕事の大変な部分だといえるでしょう。

仕事体験談