保健師の勤務時間・休日

保健師の勤務時間は、雇用先によって違います。ここでは、「病院勤務」、「保健所勤務」、「検診センター勤務」 について見てみます。

病院勤務の保健師の勤務時間

病院勤務の保健師の勤務時間は、夜勤をするのかしないのかによって違います。

保健師として、健康指導や、健康相談、また地域医療との連携のお手伝いをする場合は、昼間だけの仕事になるので、午前9時~午後5時といった勤務時間になります。

外来や検診のない日はお休みで、土日、祝日に勤務することはほとんどありません。(施設により勤務時間と休日は変化します。)

保健師の資格も有しつつ、看護業務も積極的に行い、夜勤をする場合は、
「3交替」 → 朝~夕方、夕方~真夜中、真夜中~朝 
「2交替」 → 朝~夕方、夕方~翌朝
という勤務になります。

病院は24時間365日稼動しているので、土日、祝日も勤務があります。

保健所勤務の保健師の勤務時間

保健所で働く保健師の勤務時間は、基本的には「保健所の開いている時間帯+準備と後片付けの時間」です。

たとえば、東京都千代田区の保健所の開庁時間は、午前8時半~午後5時ですので、実際の勤務時間は、それに前後30分ほどプラスされます。

保健所業務には、保健所内で勤務する他に、地域住民宅を訪問することがあります。

それらは勤務時間帯に行われるのが普通ですが、住民の都合で、夕方、通常の勤務時間外に訪問することもあります。

また、健康指導や、発達診断などは平日に行うことがほとんどですが、住民を対象とした健康イベントへの参加など、日曜出勤も時々あります。

検診センター勤務の保健師の勤務時間

検診センター勤務の場合、基本的には昼間の仕事で、残業や休日出勤はあまりありません。

ただ、遠方の検診先を訪れる時は、移動に時間がかかるので、早朝に家を出て、夕方遅く帰ってくることがあります。

また、新年度は、学校や企業での検診が殺到し、多忙を極め、データーの処理や解析、再検査など非常に多くの仕事を一度にしなくてはならず、必要時には残業も行われます。

このように、時期によって仕事量に変化がありますが、検診はあらかじめ予定が立っていますので、いつが忙しいか、いつなら休めるかといった勤務プランが把握しやすい面があります。

仕事体験談