保健師山本 幸奈さん

1987年、山梨県出身。山梨大学医学部看護学科卒。2010年2月に看護師、保健師の両国家試験に合格し、同年4月1日に新卒で富士通株式会社へ入社。保健師として川崎健康推進センターに勤務中。

座右の銘:自分の限界を決めない

休日の楽しみ、リフレッシュ方法があればぜひ教えてください。

普段、情報の流れが速い中で働いているので、休日はスローな生活を楽しんでいます。

写真撮影が好きなのでカメラ片手に出かけたり、手芸や料理など、ものづくりをすることで心身のバランスをとっています。

一緒に新入社員研修を受けた同期のメンバーとは今でも仲がよくて、一緒に遊びに出かけることもありますよ。自分とは違う職種でがんばっている仲間の話を聞いて、刺激を受けています。

山本さんが思う、産業保健師の仕事の魅力はどのようなものですか?

一般的に、医療職は専門性が高い分、狭い世界に閉じこもりがちな一面があるかもしれません。

でも産業保健師の場合、専門職であると同時に一般企業の社員でもあるので、他職種の人と接して視野を広げながら、社会人としての自分を磨き続けられるのがよいところだと思います。

それともう一つ。私は社会人になるにあたって、いわゆるOLさんのようにスーツを着たりネイルをしたり…といった姿に憧れる面もあったので、それができるのも魅力かなって(笑)

よく「医療職は別世界の人」と思われがちですが、決してそうではないということを、みなさんに理解してもらいたいと思っています。

もちろん、専門分野に関してはプロとしての自覚を持って、日々勉強していますけれど。

今後の目標はありますか?

仕事が面白くなってきたところですし、ステップアップできるように、この調子でがんばります。

長期的な視点で言うと、「保健師」という仕事が社会でもっと認知されるための活動もしていきたいです。

最近は国際学会ができるなど、少しずつ保健師の知名度やニーズが高まっているようですが、私たちの仕事は、まだまだ一般の方に理解されにくいところがあると感じています。

たとえば、健康診断の結果を返しているだけと思われたり、実際に「看護師との違いは何なの?」と聞かれることもあって。

実際、保健師と看護師の違いはどのようなものなのでしょうか?

photo5

まず、基本的なところですが、保健師になるためには、看護師の資格を取得した上で、保健師の資格を取得する必要があります。

仕事内容で言えば、看護師が接するのは主に疾病を持つ方なので、「療養上のケア」という視点で個人を見ていくのに対して、保健師はもっと大きな視点で、個々の生活背景や生活習慣から「いかに健康な心身をつくるか?」というように見ていきます。

そして、個人だけでなく、集団に対してのアプローチも必要です。

健康だと思っている⼈でも、生活習慣を見直すことで、さらに人生の満足度を上げる方法があるかもしれません。そういった観点で相談に乗ったり、組織の仕組みづくりに携わるのは、保健師ならではだと思います。

保健師に向いているのはどのような人だと思いますか?

最低条件は「人が好き」であること。いくらメールや電話があっても、面と向かってお話しなければ仕事にならないので、コミュニケーションをとるのが苦手な方だと難しいですね。

あとは仕事の幅が広いので、マルチな対応ができる人。柔軟で、好奇心旺盛な人がいいですね。産業保健師の場合は特に、医療以外のことにも興味を持って知ろうとする姿勢が大切です。

この仕事は、ただ勉強ができればいいというものではないんです。素晴らしい学歴やスキルを持っていることと、人から信頼されることはイコールではないと思います。

また、笑顔でいたり、人を元気にしたりするには、自分の心も豊かであるほうがいいので、「⾃分の生活を充実させよう」という気持ちも大事にするといいのではないでしょうか。

最後に、保健師を目指す方に向けてメッセージをお願いします。

保健師は多くの人の力になれる仕事ですし、人と関わる中で自分を大きく成長させられます。

特に産業保健師の場合、医療以外の世界にも足を踏み入れて、多様な価値観を大事にしながら働けるので、ぜひ興味を持ってもらえたらうれしいです。

とはいえ、まだまだ求人が少ない世界なので、目指す途中には大変なこともあるかもしれません。

私も就職活動では厳しい思いも味わいましたが、自分の限界を決めないで粘り強くがんばっていると、道は開けてくるものです。

もし早くから産業分野に進みたいと決まっているのなら、その世界で活躍されている教員がいる大学に進学して、いろいろと相談するといいと思います。

がんばってください!

仕事体験談