保健師山本 幸奈さん

1987年、山梨県出身。山梨大学医学部看護学科卒。2010年2月に看護師、保健師の両国家試験に合格し、同年4月1日に新卒で富士通株式会社へ入社。保健師として川崎健康推進センターに勤務中。

座右の銘:自分の限界を決めない

看護師になる道も選べる中でなぜ保健師を、特に産業分野を目指したのですか?

大学在学中の臨床実習のとき、病院の各科を回って多くの患者さんの姿に触れたのですが、「病院」という独特の場所で、日常生活や社会背景とは切り離されて、誰もが同じ「患者さん」として扱われている印象を受けたんです。

社長さんも、大工の棟梁さんも、どんな背景を持つ人も一様に「患者さん」。

ですが、私は疾病を抱える方だけに「患者さん」として接するのではなく、もっと広い視野を持って、その方がどんな仕事をしているのかを踏まえたり、健康になりたい方の相談にのったり、⽇常⽣活を意識した環境の中で仕事がしたいと思ったんです。

それで少し悩んでいたときに、企業の中で社員の健康を守る「産業看護」という分野を知りました。

産業分野は一人の方と長いスパンで接することができたり、その方の社会背景を考えながら仕事ができることに魅力を感じました。

また、私自身「療養のケア」よりも、「病気でない人を含めて、健康を守ること」に興味があると気付いて。それを機に、産業の道に進もうと決意しました。

就職先はどのように探したのでしょうか?

実は、新卒の保健師の受け入れ口は決して多くなく、私も就職活動ではとても苦労しました。

看護師は求人も志望者も多いので、一般的な学生さんと同じように就職活動ができるのですが、保健師は前例が少ないため、大学の先生も就活の方法にそれほど詳しくありません。

特に産業分野は募集があまりに少ないので、「ハローワークで探すしかないかも…」と言われてしまうほどで(笑)

では、どのように就職先を見つけたのでしょうか?

photo3

「産業保健師になりたい」という想いは日に日に強くなっていたので、卒論は産業看護に関するテーマを選びました。

研究では、地元・山梨の産業看護現場で働いている方にインタビューをするなど、積極的に動いていたんです。

学校の先生にも熱意をアピールし続けていたら、あるとき産業看護分野で活躍されている先生に声をかけていただき、今の会社の求人を紹介していただけて。

どうしても産業保健師の道に進みたかったので、当時は自分でも驚くくらいアクティブにやっていたと思います。

産業保健師になるのは、それほど狭き門なのですね。

産業医と異なり、企業に保健師を置くことが法律で定められているわけではないので、求人数はあまり多くないようです。

特に中小企業の場合には、なかなか自社で教育する余裕がないことから、求人を出すとしてもどうしても即戦力を求める傾向があるので、新卒採用が少なくなります。

当社は社員数が多い会社ですが、それでも新卒の保健師が多いわけではなくて、私は「10年ぶり」に入った新卒社員だったそうです。

ただ、2つ下の代には新卒の子がまた一人入りましたし、大きな企業は保健師の数もそれなりにいるので、求人はゼロではないですよ。

山本さんの職場では、何人の保健師さんが働いていらっしゃるのですか?

現在、保健師が16人、看護師が3人います。一見多く見えるかもしれませんが、このセンター
で担当する社員の数は13,000人以上いるので、決して多い数ではないんですよ。

ここは規模が大きな分、グループ会社も含めた支援を展開する必要があり、時には関係会
社に出向することもあります。

仕事体験談