保健師山本 幸奈さん

1987年、山梨県出身。山梨大学医学部看護学科卒。2010年2月に看護師、保健師の両国家試験に合格し、同年4月1日に新卒で富士通株式会社へ入社。保健師として川崎健康推進センターに勤務中。

座右の銘:自分の限界を決めない

まずは「保健師」という職業について簡単に教えていただけますか?

はい。保健師は、病気予防や健康の保持・増進のためのさまざまな保健活動を行う職業です。

おもに「行政」「学校」「産業」という3つの分野で活躍していて、私のように一般企業で働く人は「産業保健師」といいます。

「産業保健師」が日ごろ接するのは企業で働く社員ですが、行政機関などで働く「行政保健師」の場合は、地域にお住まいの乳幼児からお年寄りまで幅広い世代の方と接します。

保健師で⼀番多いのは、この「行政保健師」です。

また「学校保健師」の場合は、児童や学生、教職員が対象となります。

同じ保健師とは言っても、どの分野で働くかによって仕事内容は異なりますし、活躍の場はさまざまな分野に広がっています。

現在は、どのようなお仕事をされていらっしゃるのですか?

私が勤務している川崎健康推進センターでは、事業部ごとなどに一人の保健師・看護師がつく「職場担当制」を敷いており、私は約900⼈の社員を担当しています。

日常の主な業務としては、健康診断結果のフォロー、健康面やメンタル面の相談や、長時間残業をしている社員に対する過重労働対策の⼀環としての面談などがあります。

このような個⼈への支援のほか、会社の健康増進活動にも取り組んでいます。

「⾷事・運動・禁煙」という3本の柱があり、センター内の保健師・看護師がそれぞれのグループに入って、さまざまな活動の企画を行っています。

私はいま運動支援のグループに入っているので、WEB上のウォークラリーを活用しながら、健康増進と職場活性化を促しています。

そのほか、社員の健康診断の結果を、データにまとめて共有するといった統計業務もあります。

日常の仕事は裁量に任される部分が大きいですね。

1日の流れを教えてください。

8時半始業ですが、15分前までには出社しています。午前中は健康診断のフォローが必要な方との面談や打ち合わせが中心。1時間のお昼休憩を挟んで、午後も面談や職場巡視を行っています。

社員からメールで相談をいただいた時はその都度返信をしますし、面談のお約束をするため、こちらから電話やメールを使って連絡をとることもしています。

また、面談や会議が入っていない時間を見つけて、統計業務などのデスクワークも行います。

時期によっては仕事が立て込んでしまうこともありますが、集中して業務を行い、できるだけ残業をせずに上がるよう気を付けています。

山本さんは、いつごろから保健師になりたいと考えていたのですか?

photo2

昔から医療関係の仕事には漠然と興味を持っていました。

高校生のころは「保健師になろう」と決めていたわけではなかったのですが、手に職をつけたい気持ちが強かったこともあり、看護を専門的に学べる4年制国立⼤学の看護系学科に進学しました。

当時は保健師の存在自体は知っていましたが、地域で働く行政保健師のイメージが強くて、企業に保健師が関わっていることはあまり知りませんでした。

看護学科での4年間のおおよその流れを教えてください。

1年目は他の学部と同様、一般教養が中心でした。

2年目からは医学部キャンパスに移り、本格的な看護の勉強がスタートし、3年目からは臨床実習が増えてきます。

4年生の前半も実習が中心ですが、後半になると研究を進めて卒論を書き、2月に国家試験を受けて卒業という流れでした。

私が通っていた大学では、必要な単位を取得することで看護師と保健師両方の国家試験の受験資格が得られたので、私も4年生の2月に両方の試験を受けて合格しました。

卒論の執筆、就職活動、国家試験の勉強を同時にしていたので、当時は大変でした。でも、先輩たちみんなが通ってきた道なので、「こういうものだ」と思っていましたね。

仕事体験談