保健師は結婚、子育てしながら働ける?

家庭を持っている女性保健師も大勢いる

保健師に限らず、どのような仕事も、結婚や出産を機に仕事を続けるのが難しくなってしまうことはよくあります。

とくに保健師の場合、その多くが女性ということもあり、「子育てと仕事の両立ができるのだろうか?」と不安を抱えている人も少なくないようです。

女性の社会進出を受け、現代では結婚や出産後も仕事を続けることができるよう、保育所の整備や児童館の設置など社会全体での子育て支援体制は昔と比べて進んできているといえます。

実際、結婚や出産後も仕事を継続している女性保健師は大勢います。勤務先にもよりますが、子育てしながら働くことは十分に可能だといえるでしょう。

働き方を選んで上手に両立させる

保健所や企業の医務室勤務の場合は昼間に働くため、一般的な会社でデスクワークなどをする人と同様、子育てをしながらでも働きやすいといえるでしょう。

しかしながら、保健師で、看護師と同じように夜勤をする場合には、より家族の理解と協力が必要になるでしょう。

「夜間」の子育て支援はまだ充実していない面も大きいため、家族と協力して仕事をしていく必要性が高まります。

また、子どもが小さく、長時間保育施設に預けることに抵抗を感じたり、子どもと関わる時間はできるだけ多くとりたいと考える人もいるでしょう。

その場合、正職員ではなく「パート」や「派遣」といった雇用形態を選ぶことで、勤務時間や休日、その他の勤務条件をある程度、自分で調節しやすくなります。

育児と仕事を両立させる場合、子どもの急な病気や学校行事など、ときに仕事を行うことがどうしても難しい時も出てくるため周りの協力は不可欠ですが、夜勤をしなければ、保健師は看護師と比べて育児のしやすい労働環境といえるでしょう。

保健師の資格はずっと有効であるため、子育てが落ち着いたら再び正職員に戻るという方法をとることもできます。

また、業務の特性上、医療施設との連携が深いことから、病時保育(発熱、風邪など、病気の子どもを親が仕事の間預かり、治療・看護すること)を行っている施設など、医療に関する情報に長けているのも保健師のメリットといえるでしょう。

仕事体験談