派遣の保健師の働き方

派遣で働く保健師とは

他の職業と同様、保健師はさまざまな雇用形態で働くことができる仕事です。

たとえば、子育て中でフルタイムで仕事をすることができない人や、家族の介護やその他の理由で継続的に仕事はできないが、条件が合えば保健師の資格を生かして仕事をしたいと思っている人は、「派遣保健師」として働く方法があります。

看護師として医療知識と技術を持ち、公衆衛生に関する知識と指導力を持つ保健師は、企業や自治体、そして学校からもその人材が求められています。

しかしながら、保健師は、看護師のようにひとつの勤務先で雇用する人数は多くありません。

とくに1人だけを採用するといった場合には経験のない新卒保健師には責任が重く、就職するのが困難になる場合があります。

こうした際に、「派遣」という形で働くことをひとつの選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

派遣保健師の仕事

企業などの事業所では、新年度の検診シーズンや単発の健康に関するイベントなどで、一時的に常時勤務している保健師以外に、複数人の保健師が必要になる時があります。

このような場面において、「働く意思がある保健師資格を有した人」と「保健師を必要としている事業所」をつなぐのが「人材派遣会社」です。

そして、人材派遣会社に登録している保健師が、いわゆる派遣保健師です。

派遣保健師の仕事の内容は事業所により異なりますが、通常はそこで働く保健師の補助になります。

派遣保健師として働くメリット・デメリット

保健師は一つの職場に勤務する人数が少ないため、看護師のように現場で仕事を覚えていく「卒後教育」が確立されにくいのが問題のひとつですが、派遣保健師として補助業務を行うことで、先輩保健師の仕事を学習することができます。

派遣保健師のメリットは、自分の経験や時間など、ある程度希望を絞り込めることです。

また、新年度検診のようにある一定時期だけ人材が必要とされる仕事は、それ以外の期間を自らの生活を充実させる時間にあてることができます。

ただし、派遣保健師は派遣会社と契約を行うため、勤務先(派遣先)の事業所からボーナスや社会保険、雇用保険、労災保険などは支給されません。身軽であるということは、つなぎとめるものもないというわけです。

それらの保障に関しては、派遣会社が行っているところもありますが、会社によって内容はさまざまです。契約前に、しっかりと説明を受けておきたいものです。

仕事体験談