保険外交員の仕事内容

保険のスペシャリスト

保険外交員は、一般家庭や企業の方にライフスタイルに合わせて保険のコンサルティングとサービスを提供する仕事です。

最初に研修を受け、生命保険一般過程試験に合格後、登録となり募集ができるようになります。

その後も定期的に商品を勉強するための研修や試験を受けたり、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格取得などにより、昇級していきます。

お客さまの良き相談相手

新規開拓では一般家庭や企業を訪問し、チラシやパンフレットを使って、主力の保険商品の紹介、もしもの時にかかる実際の費用や入院日数など役に立つ情報などを提供します。

足りない部分を補うために生命保険や特約の加入を勧めたり、年齢と共に変化していくライフサイクルに合わせた貯蓄型の保険を進めていきます。

それぞれ個々に合った最適なプランを設計するためにも、日々通い続け信頼関係を気づくための持続力とコミュニケーション力、その人に必要な保険を見抜く力がとても大事です。

その中で、時にはこういう保険が欲しいと見込みのお客さまの方から相談をいただくこともあります。

お客さまの信用を得ることが大事

保険外交員の仕事はお客さまに合った保険の提供です。

そのためにも家庭のことを知る必要があるのですが、個人情報だからとお断りされるケースが多く、以前よりアンケートが取りにくくなっています。

地元に住んでいる方だと、知り合いに加入しているケースも多いですし、お断りされるのが続くとつらい気持ちにもなります。

そんな厳しい中で新規を取るためには、企業への継続的訪問や社交性を生かしてどれだけ信用が得られるかが大切になってきます。

何気ない会話から情報を引き出し、商品の紹介を話に組み込んで行けるようになれば、ちょっといけるかもと自分で気づくことができるようになりますし、自信を持って話しているので相手にもちょっと聴いてみようかなという気持ちになってもらえます。

そのためにもコツコツ訪問する努力を続けること、これが本当に大事で毎日の積み重ねが経験として身につき、幅広い会話術や商品知識のアプローチ術として自然と身についていくのです。

仲良くなってくるとその人に加入してもらえなくても、保険に未加入の新入社員の方を紹介して下さるケースも出てきます。

1年目の方は、まだ保険について知らなかったり本気で考えたことがない方が多いので、保険の大切さを伝えるいい機会です。

その方にとっても保険を知るいい機会になりますので、聴いてもらいやすくきちんと考えて下さる方が多いでしょう。

サポートが大切

新規契約だけでなくその後も定期的に訪問を行い、顧客それぞれのライフスタイルの変化に合わせた契約内容の見直しや新商品紹介、支払い漏れがないかの確認などアフターサービスも重要となります。

保険は加入してからお役に立てるまで長い付き合いとなりますので、しっかりサポートしていくことが必要です。

仕事体験談