保険外交員の現状と将来性

保険外交員の現状

最近はネットで簡単に加入できたり、他社と商品を比べることができる店舗も増えています。

時間がない場合や知識がないと、値段やCMだけみて取りあえず加入している人もいるのが現状です。

情報社会なので商品についてよく知っている方もいますが、勘違いしてしまっている方がいるのも事実です。

保険外交員として一人でも多くの人に正しい保険の知識を伝えその方にあった保険の提供とともに一生涯の安心を届けていきたいものです。

保険外交員の将来性は?

入れ替わりの激しい世界だとよく言われますが、長年続けている方もたくさんいらっしゃいます。

仕事だけではなくプライベートも充実していて、アフターファイブにお稽古をしたり、有給を使って海外旅行へ毎年行かれる職員さんもいます。

そういう生き生きしている方たちと毎日仕事をしていると本当にいい刺激になります。

その方たちを目標につらいことや苦手なことは克服するつもりで修行だと思ってがんばるといいでしょう。

努力が報われ、良い成績をとり続けて収入が安定してくると、気持ちにも余裕ができだいぶ楽になります。

数年後、加入して下さった方が結婚や子どもが生まれることを機に新たに新規で加入して下さり、いとこやさらに孫の代まで広がるケースも少なくありません。

「あなただから加入したのよ」と言ってもらえればたいしたものです。やればやった分収入アップにつながり、お客さまや会社からも感謝されます。生涯を通じてお役に立てる仕事です。

少子高齢化社会により、生きるための保障、長生きのリスクに備えるための保障である医療保険、年金保険、がん保険のニーズが高まっています。

ネットの普及により、自宅にいながら簡単に加入することができますが、とくに高齢者の方はPCを使用していない方も多いです。

保険は一生涯です。人と人とのコミュニケーションを通して信頼関係を築いた上でこそきちんと伝えられるものではないでしょうか。

仕事体験談