保険外交員になるには

知り合いからの紹介が多い

保険外交員として働くにあたって、学歴や資格が問われることはあまりありません。

保険外交員として働いている人は、営業職員に直接誘われた方が圧倒的に多いです。

保険外交員は、保険の募集と一緒に営業員の募集活動も行いますので、顧客や周りの友達、買い物先の店員さんなど、一緒に働きたい人がいないか常にアンテナを張っています。

保険外交員になるための窓口は広いといえるでしょう。

自分で探す場合は、一緒に働くことを考え、知り合いの保険外交員に募集していないか聞くのもいいでしょう。

また、採用情報は求人誌や保険会社のホームページに載っています。

ただし、応募要項に年齢制限がある場合もありますので、応募要項を確認をする必要があります。

直接話を聞いてみる

会社によっては支社へ説明を聞きに行くことができます。

支部長や所長、他の営業員の方と話す機会を設けてくれたり、会社の中で話を聞くことができ、雰囲気も分かるのでおすすめです。

疑問に思ったことは答えてくれるので、どんどん質問したり不安に思っていることを話すといいでしょう。

また、お料理教室など気軽に参加しやすいイベントを行っていたり、友達を誘って行くこともできますので、一人が不安な人はこういう機会を活用するといいでしょう。

入社予定が決まると、入社説明会(会社によって入社できる月が異なります。)に参加し、約1ヶ月間所定の教育を受けます。

保険業界が統一して実施している研修後、試験に合格した後に国に登録し、保険の募集ができるようになります。

試験は研修で学んだことがそのまま出題されているので合格率は高いですが、その後もたびたび試験を受ける機会もあるので常に勉強を続けることが必要です。

仕事体験談